« 留守番 | トップページ | 栗駒山 »

2005年5月20日 (金)

映画「エイリアン対プレデター」

夕食は5が出たので亀鶴庵。ちょっと高めだけどボリュームがあってお勧めです。次に来たときは日本一カツ丼に決定。

今日は上の方々が出張。それはともかく4人でPCのベンチマークテスト。使用したのはエイリアン対プレデター。結果はネタばれを含むので注意してください。

設定やストーリーはともかく、良かったです。各映画の一匹でも出ただけで大変な主人公がわらわらと、両者入り乱れて大乱闘。人類と宇宙人の心の交流をホットに描くSFアクションです。見る前はいかにもイロモノだろうと思ってましたが、以外にもGIGER テイストはふんだんでした。南極で発見された古代遺跡の中に一歩入るや ネクロノミコン (画集)を思い出すかもしれません。死のパズルが始まって出てくる通路なんかは N.Y.CITY(画集) を髣髴とさせるかもしれません。とにかく建造物の内包する邪悪さが出てました。昔見た、QUAKEの夢を思い出しました。個人的にはストーリーはもういいからこのあたりを2時間くらいやって欲しいと思いました。惜しいところは、101分のクセに詰めすぎだというとこでしょう。とにかくあの雰囲気が料理しきれていません。もったいない。パズルのあたりをギーガーで攻めれば、あれだけで映画8本は作れるのに、惜しいです。

結論:
1. 南極には行くな
2. 拾ったものは落とし主に返せ
3. 宇宙には拳と拳でしか分かり合えない心の触れ合いがある

ギーガー好きはもちろん、CUBE好きや、閉鎖空間好きや、伯爵が5人の天使を呼んだあたりの雰囲気が好きな人にはお勧めです。感じないで考える人は止めといた方がいいでしょう。

「スター・ウォーズ」最終章の公開、1650万ドル稼ぐ
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200505200011.html

まあ、あれはSFじゃないからどうでもいいや。

|

« 留守番 | トップページ | 栗駒山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/4211162

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エイリアン対プレデター」:

» 映画[スター・ウォーズ/帝国の逆襲] []
[続きを読む]

受信: 2005年5月21日 (土) 19時58分

« 留守番 | トップページ | 栗駒山 »