« 日本-バーレーン戦前夜 | トップページ | 中ノ森 »

2005年6月 4日 (土)

日本 1-0 バーレーン

勝って良かったです。
バーレーンは前半の失点であきらかに戦意が低下しました。気温湿度が手伝ってそれはどんどん加速していきました。サポーターも静かになり、あとはお経みたいなのが流れるだけになりました。
賓客席のえらい人の面々も「・・・・。」でした。
ビハインドを追って、謎転倒をする時間がなくなったとき、精神的に追い詰められたバーレーンはFIFAランキング相応のチームでした。フリーキックが全面禁止になったときの日本もあんな感じかなとか。

日本は始めから動きが違いました。あの集中力なら、UAE戦のときの日本とやっても勝てるでしょう。というか、あれをいつもやっていれば次のステップにいけるのに。
危険だったのは後半、相手がバテて日本もバテてみんな足が止まった時間帯でしょう。あれは、、、完全に日本が今まで失点を繰り返してきたパターンと同じでした。
敵へのうっかりパス、簡単にボールを取られる、クリアはただ外に出すだけ、キーパーをかわしてシュートできるのにパス。
もうね、足が止まり始めたときから胃が痛くなりました。
ガクガクブルブルですよ。
それでも、選手も疲労の限界に近づいていたし、それ以上に相手もほとんど攻める気なかったので、あれはあれで仕方なかったのかもしれません。まあ、勝ってなかったら「勝とうとする意思が最後まで続かない」とか思いっきり言われたでしょう。

課題も2つくらいあります。1つ目は中田、中村、サントスの出場停止をどう埋めるかです。まあ、北朝鮮もイラン戦で監督が退場になって次は出れませんが。
PVは解禁になりました。最重要な一線で客なし監督なしPVなしじゃ泣けてくるところでした。
2つ目は後半の体力が落ちてくる時間帯で、いかにミスをしないか、そして失点をしないかです。
特に次の北朝鮮は最終予選で勝ち星がありません。予選でせめて一勝。しかもその相手が日本で、その結果日本の予選突破を阻む一線であれば、俄然執念でやってきます。おまけに、彼らは精神的にタフで最後の一秒まで足を止めることはないでしょう。コンスタントに攻めてくると思います。
ですからおそらく、後半で勝利もしくは引き分けが見えてきたときが、見てる側にとって恐怖の時間帯になるでしょう。勝敗もここで決まるのではないでしょうか。

点を入れて勝つ。
シンプルでいって欲しいと思います。

「勝ちたい!!」選手の思いが得点生み失点防いだ
http://blog.nikkansports.com/soccer/sergio/archives/2005/06/post_10.html

|

« 日本-バーレーン戦前夜 | トップページ | 中ノ森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/4408531

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 1-0 バーレーン:

« 日本-バーレーン戦前夜 | トップページ | 中ノ森 »