« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

原稿

4時に起きた段階でブラジル1-0。そのまま寝てしまい、朝起きると4-1。
アルゼンチン力抜きすぎ。

国際会議の原稿書き開始。
ついでにOPA2号完全ロストを復帰できず。原理は分かっていてもなかなか難しいです。所詮、まだの調整レベルなのかと自分にがっかり。また別の日にリベンジ。

<オンラインニュースより>

サスケ氏 岩手県議会で大マジUFO質問
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/06/29/02.html
>そもそも議題にあげたきっかけは、3月10日の参議院総務委員会。民主党・山根隆治参院議員が「UFOを見たことがあるか」と質問、麻生太郎総務相が「私の母は見たことがある」と答弁した。
何やってるんだろう・・・

「フリーダムタワー」新デザイン公表 テロ防御を考慮
http://www.asahi.com/international/update/0630/005.html

「Google Earth」で地球を僕の手の上に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/29/news004.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

熱いです

新潟地方は雨が続き、災害に警戒が必要の状況のようです。その一方で東北太平洋側は雨が降らず、まるで真夏のような日が続いてきました。私のマンションでもすでにクーラーをつけている音が聞こえてきます。明日からは天気が崩れる模様です。

さて今日は、決勝「ブラジルXアルゼンチン」です。起きれるかどうか。

<オンラインニュースより>

米マイクロソフト、日本の大学と産学連携を推進
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200506280012.html

ITER:日本、巨額負担に足並み乱れ 強気のEUに屈す
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050629k0000m040170000c.html

社説:ITER断念 経過を検証し今後に生かせ
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050629k0000m070162000c.html

AMD、インテルを米独禁法違反で提訴
http://www.amd.com/jp-ja/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543_1991~99722,00.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

エクセル14巻

土日で部屋の掃除が出来ないと体力はともかく、月曜はモチベーションが下がります。
こういう日は仕事が終わるとさっさと帰るに限る。

最新刊、ひさびさに大笑いしました。初めの頃のキレのあるバカさが復活です。一応、素性と潜伏先がバレて話は終盤に進みつつあるようです。
もう、家爆破で放浪で漂流で入管ってのはお約束ですね。
渡辺の妄想ワールドは相変わらず見てるほうが力が抜けて来る・・・

<どうでもいいオンラインニュースより>

酒の香りにリラックス効果 脳からアルファ波、快適感
http://www.asahi.com/science/news/TKY200506260242.html

「飲み込んでしまったカギ」のレントゲン写真を見て複製に成功した鍵屋さん
http://azoz.org/archives/200506271633.php#more

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

扇風機稼動

連日の暑さに研究居室の扇風機を稼動。これからは涼むには実験するのが一番の季節です。
来週から雨の予報。レーザーが不安定になる予感がするので、できれば今日明日でとるものをとっておきたいです。
山、登りたい・・・・・

<オンラインニュースより>

世界最速360キロ…JR東、次世代新幹線お披露目
http://www.sankei.co.jp/news/050624/sha042.htmネk・・・、危険だクマー

太陽帆船の発射、「ほぼ失敗」と認める、米団体
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200506230031.html
>船体は21日、北極圏バレンツ海にいるロシア原子力潜水艦から打ち上げられた。
船体はかなり小さいと言うことですね。成功すれば種々のバクテリアを載せて火星に一斉射撃して地球にいながらテラフォーミングも可能かも。

準決勝進出を逃したのは負け
http://blog.nikkansports.com/soccer/sergio/archives/2005/06/post_17.html
セルジオが怒った!まあ、たしかに東アジアカップやイラン戦で引き分けとかだったら「何をやっているんだ」ということになるし。
でも試合の次の日にこのコメントが出せるところがさすがです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

日本 2-2 ブラジル

今日は見所てんこ盛りでした。
中村のナイスミドル、大黒の同点弾、珍客乱入、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!、師匠のブラジル挑発炸裂でサポが大ブーイング

しかし保存失敗で全文消滅・・・・

 通に言わせれば今日のブラジルは万全ではないのでしょうが、力の片鱗は色んなところにありました。これが返って日本にプラスだったのでは。私は内容、結果ともにとても満足した試合でした。
 日本は、結局対戦相手とそのときのモチベーションによって強さが変わりますね。それとも変わってしまうのか。セルジオ越後は「1年で埋らない溝」といってました。それはこのことなんじゃないでしょうか。実践的に考えて、今の日本にとって必要なことは、これからの一年、もう弱いところとは闘わないで強いところとの対戦を重ねることで、強国との戦いに場慣れすることだと思います。 ちょうど、国際会議が終わった後みたいな感じですね。1年後に向けてモチベーションを下げることなく、スタートを切りなおして欲しいです。
  がんばれニッポン!

ところで高原は最近どう思ってるんだろう。

コンフェデ杯:
日本、ブラジルと2-2 決勝T進出ならず
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050623k0000e050002000c.html

原発情報流出:「ウィニー」のウイルス感染でネット上に
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050623k0000m040152000c.html
おいおいおいおい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

梅雨はどこに?

宮城の雨は28日以降のこと。ただし、曇るとすぐに空気がムっとします。今週はレーザーも安泰。気のせいか、雨の日は不調な気がするOPA。今日は晴れてかなり調子がいいです。こうなると明日の創立記念日休日はヘリウム供給がないために返ってマイナス。もっとも、せっかくの休日ならいい天気でいてほしいですが。

今の実験室の湿度は平均50%近くですが、市販の水とりゾウさんは今のところほとんど無反応。やはり市販製品では適用湿度が違うのかも。エアコンに除湿機能があるところの実験室では除湿フル活動で30%のこと。
30%。。。

<オンラインニュースより>

世界初、バイオガスで走る鉄道が登場、スウェーデン
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200506210019.html
圧縮ガスでしょうか。バイオガスは天然ガスとはちがい、固形物からの生成に時間がかかるので需要には上限がありそうです。いずれにせよ、事故などで燃料が流出でもしたら色んな意味でイヤです。

親指型のUSBメモリ「イェ~イドライブ」
http://slashdot.jp/articles/05/06/21/0824231.shtml?topic=107
>まあ、なんというか、このまま行ってしまうと海洋堂などとタイアップして人形型USBメモリが登場するのも時間の問題でしょうか…。"

seedヒロインズモデルとかなら売れそうですが指は正直あまり売れなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

特になし

学生さんが釣ってきて焼いたヤマメをいただきました。
天然モノ最高です。

昨日の朝は 日本vsギリシャ戦 で久々にスカッとしました。ちなみに昨日のギリシャなら3点とってもおかしくないよ、などと話してたらジーコもそういってたらしいです。
ブラジルはメキシコに敗れ、次の試合で対戦国に負けるようなことがあればまさかの予選敗退。
日本もコンフェデ杯は残りあと一試合ですが、いい試合を期待してます((ノД`)。・。)

<オンラインニュースより>

ヤフーが「検索に特化」の新サービスhttp://www.asahi.com/business/update/0620/091.html

情報保持に特化の新サービスの方がありがたいのでは、とか思ったり。
カード情報流出の事件とかもあり、(↓)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050620-00000045-mai-soci

中国出張に合わせてカードを作ろうか迷うところです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

洋画「ザ・リング」

声の出演:井上喜久子、関俊彦、堀江由衣、その他

アメリカ人に精神的ホラーは不可能と思ってましたが、思った以上に良かったです。向うでもヒットしたのですが、その理由はBGMと効果音の使用を控えめにしてストーリーがたんたんと流れていくと言う、オリジナルの雰囲気にあまり手を加えなかったからではないでしょうか。この映画は彼らにしてみれば「異質」なホラーだったのではないのかな。
井戸の中でサマラを抱き上げるシーンはオリジナルのお涙路線を控えめにしてましたがここはリメイク共にもうちょっと表現の工夫があるんじゃないかな。サマラを井戸に落すシーンはオリジナルのほうが怖かった記憶があります。自分はおじいさんが貞子を落す場面では、爺さんの静かな作業に鳥肌が立ちましたね。なんというか、昔の人の容赦ない黙々とした殺生と言う感じで。エイダンが「助けちゃったの?何でそんなことしたの・・・」という場面はゾクゾクきましたが。
ビデオがMTVに出てくるアーチスト映像っぽかったですが、多分、SEVENとか犯罪心理捜査官とかのようなサイコチックな感じを狙ったんでしょう。オリジナルの粗悪で謎な感じのをそのまま出していたらもっとホラー度が高くなったかもしれないけど受け入れられないかもしれないです。

マイ結論:17歳じゃない!
声の出演が出演だったので別の意味でも大いに楽しめる作品でした。

2は映画館に行って見たいですがどうなるんでしょう。続編に名作なし、というし。

映画が終わった瞬間に姪に電話をかけてやろうかと思って先にメールで確認してみたら彼女の親から見てないと返事か返ってきたので頓挫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

湿度対策2?

昨日深夜、測定の合間にコンフェデ杯の日本vsメキシコ戦を見ていると、消防車のサイレンが聞こえてきましたが、その日は何故か特に大きく聞こえました。試合も終わったし、測定を終えて帰宅しようと研究所を出ると、隣の研究所前の道路に消防車が4台ほど止まってました。
どうりで大きい訳ですよ。
ボヤみたいでした。今朝のニュースに出たらしいのですが、私はテレビを持っていないので詳細は分かりません。ロータリーポンプからの発火が原因かもしれないと誰かから聞きましたが、数日規模で試料作成などを行ってる施設は、24時間人がついている訳にも行かないかもしれず、その場合、フル稼働の機材に発熱要因があったりすると危険ですね。言われて見れば、数ヶ月前に「ターボポンプの一部製品の部品に発火の恐れがある」ということで業者の人が交換に来てたっけ。

joshitsu 湿度対策にOPOの結晶の周りを自社製プラボックスで覆ったところ、その中の除湿度が格段に上がったのに味を占めて、レーザー部屋用に除湿剤を学生に買ってきてもらいました。
我ながら焼け石に水の気がかなりするのですが、まあ様子見で。レーザー照射で発火しないようには気をつけないと。

ちなみにサッカーは、1-2で負けましたがいい試合でした。
そして柳沢が男になったとき、私は実験室でλ/4板を回していました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

集中講義

集中講義に参加してフォトニック結晶の話を聴講。数100nmの光を伝播させる導波路の線欠陥にわずか数nmの誤差が導波特性を左右するというのが面白いです。スーパープリズム効果やフォトニックバンドギャップのエンジニアリングなどの光コントロール等等、応用面からもかなりおもしろいテーマです。人類最後の玩具はやはり光。

一度実験準備に帰って分光器のトラブルでそのまま後半の非線形効果などのゼミに参加しそびれたのが痛い。

<オンラインニュースより>

パリ航空ショーが開幕 エアバスA380も登場http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20050613/20050613010031441.html
やっぱりお目当てはA380でしょう。

Paris air show opens with Airbus
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/4087624.stm
デカッ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月13日 (月)

湿気対策

北の梅雨入りにはまだ若干の時間がある模様です。この時期、問題になるのは実験室の湿気対策。使わないレーザーも湿気対策を怠っていると1年で結晶がダメになることも多々あるらしいです。自分の所属する実験室は安全対策上、常に外気を中にまわしています。フィルターを使ってはいますが、このため湿気は45%くらい。まあ、いつもこのくらいだけど。やはり高すぎですね。何かいい解決法はないでしょうかね。

<時事>

光の粒で超高速演算、基幹技術に初成功、東大助教授ら
http://www.asahi.com/life/update/0612/001.html

緊急画面隠し用の足踏み式「ステルススイッチ」が発売
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050611/etc_stealthsw.html

アルカイダ名乗り爆破予告=地下鉄停止、48歳男を逮捕-仙台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050612-00000259-jij-soci
>「テロリストのアルカイダだ。地下鉄南北線に爆弾を仕掛けた」と男の声で110番があった。
自分でテロリストだと名乗るかよ。てか日本語かよ。しかも日曜朝8かよ。
南署の方、お疲れ様です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月12日 (日)

梅雨の晴れ間

数日ぐずついていた天気が今日は気持ちよく晴れました。
普通なら午後から山登りのトレーニングですが、今日はやる気が起きないのでボーっとしてます。
先週後半は研究発表会の視聴などがつづいていたので、精神的に解放された感じです。

先々週に食用に買って来た、小さな植木に入ったバジル1号の香りが抜けてきました。
先端に芽が伸びようとしてますが、食べごろを過ぎてしまったのかも。

ヤマケイの「縦走登山」を買ってきて読んでいますが、できるだけ早く難易度の高い登山ができるようになるためには、登山会に参加するのも一つの手かもしれません。グループ登山で難易度が高めの山に登ってみるほうが、一人で難易度を上げていくより、安全で手っ取り早くそのような登山の感覚をつかみやすいだろうからです。

で、今日はどうしようかと考えて、やっぱりボーっとすることに。

明日から平日のロードワークを加えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

梅雨

梅雨です。東北は関東と違って、降水確率が60%を超えると必ず雨が降るような気がします。

HP、プロセッサの欠陥による影響を減少させる技術を発表
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20084362,00.htm?ref=nbp
人間の脳や網膜も傷がつくとその他の部分で補いますが、そんな感じでしょうか。

太陽光の力で進む宇宙船、21日に初の打ち上げへ
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200506090016.html
>24時間後の時速はわずか約160キロだ。しかし、仮にこのまま3年間加速を続ければ、時速16万キロ以上に達する。これは、太陽系のはずれに位置する冥王星に約5年間で到達できるスピードだ。

時速16万キロだとτ=0.845。近いうちに相対性理論の直接観測による検証ができるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

日本 2-0 北朝鮮

ルジオ越後も喜んでました。明日の「ちゃんとサッカーしなさい」に期待です。
2-0で勝ったし、ジーコ采配当たったし。コメント楽しみです。「さすがジーコ。日本は安泰」いや、それは絶対無い。
さすがに無観客だと本戦出場を決めてもちょっと冷静です。世界でW杯出場一番乗りだというのに。これで韓国は奮起するはずです。明日の2:45、クゥエート。寝てますね。まあこちらも行くでしょう。

今日はFIFAランキングの準位差に合った内容でした。柳沢の得点が光りました。大黒は、決め手当然のところで決めました。正直外すと思いましたが(そもそもその前の決定的場面で決めるべき)。稲本は点をとっても良かった。日本の動きはバーレーン戦に比べて落ちてましたが、湿度気温と芝と疲労ですからね。北朝鮮も前回よりは動きは落ちてました。やっぱり最後までコンスタントにせめて来たので後半ちょっと危ない場面もありました。

予測してましたが北朝鮮の接触プレーはラフというより、7枚ほどイエローを出すべきほどの粗暴さでした。ボールないのに後ろからいったりわき腹を蹴ったり。審判流しすぎ。あの危険プレーは取らないとだめです。必死だから許されるプレーというのがあるとしてもその範疇外でした。選手に怪我がでてなければ良いのですが。次のイランはカズ&ゴン?

日は半導体ナノスピントロニクス研究会の第一日目。国から予算取るのには高いレベルのアイデアと計画性がいるということを再認識。半年単位のプログレスは楽ではないでしょうが、そこで切磋できるくらいの実力とアイデアがないと自分自身、いつまで経ってももらえないでしょう。

最後に。最後のかかと落としは見事に決まってました。あれは絶対ワザとでしょう。

日本決めたW杯、一番乗りだ
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050608-0049.html

日本の先制ゴールでスタンドから歓声と悲鳴
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050609k0000m040115000c.html

苦しんだ予選突破、誰よりも喜ぶ川淵会長
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050609k0000m040116000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

レーザー調整

レーザーのダイオードとヘッド交換。で一日が終了。その合間に北欧出張のボスの実験報告。せっかくのスゥエーデンなのに朝の8時から夜の10時まで実験度データ解析。結果内容も充実してました。

見習わないと、というより完全に負けている自分がいる・・・

レーザーの調整の横から質問の連発。初めはM1が質問しやすいようにと、作業のどういうところを見るべきなのかを知ってもらおうと思ってましたが、後半は完全に自分の好奇心。担当のMさんは丁寧に答えてくれました。ありがとうございました。もう、今まで触ったことのないOPOまで自力で発振できます。

針木の母アイガモ 草刈りで抱卵ピンチ
http://www.kochinews.co.jp/0506/050604evening01.htm
>日本野鳥の会高知支部は「かなり条件が悪く、危ない状態だが、見守るのが一番いい」と話す。
マジですか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

中ノ森

torii 上り口までのアクセスは非常に狭く、というより農道で
対向車が来るとすれ違うことが出来ません。入り口も
探すのに一回迷いました。駐車場は入り口の近くに
止める以外にありません。おまけに1台がやっとです。
隠れ入り口みたいな感じです。

zigzag 小さな鳥居をくぐると竹林と杉林を経て雑木林へと続きます。道は人一人がやっとの狭さですが整備されているようです。この坂道はかなり急でジグザグしています。これを上りきると頂上です。


choujou 269Mの低い山ですが、見晴らしはよいです。天気がいいと蔵王も見渡せます。登るのに所要時間1時間。平均は40分のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

日本 1-0 バーレーン

勝って良かったです。
バーレーンは前半の失点であきらかに戦意が低下しました。気温湿度が手伝ってそれはどんどん加速していきました。サポーターも静かになり、あとはお経みたいなのが流れるだけになりました。
賓客席のえらい人の面々も「・・・・。」でした。
ビハインドを追って、謎転倒をする時間がなくなったとき、精神的に追い詰められたバーレーンはFIFAランキング相応のチームでした。フリーキックが全面禁止になったときの日本もあんな感じかなとか。

日本は始めから動きが違いました。あの集中力なら、UAE戦のときの日本とやっても勝てるでしょう。というか、あれをいつもやっていれば次のステップにいけるのに。
危険だったのは後半、相手がバテて日本もバテてみんな足が止まった時間帯でしょう。あれは、、、完全に日本が今まで失点を繰り返してきたパターンと同じでした。
敵へのうっかりパス、簡単にボールを取られる、クリアはただ外に出すだけ、キーパーをかわしてシュートできるのにパス。
もうね、足が止まり始めたときから胃が痛くなりました。
ガクガクブルブルですよ。
それでも、選手も疲労の限界に近づいていたし、それ以上に相手もほとんど攻める気なかったので、あれはあれで仕方なかったのかもしれません。まあ、勝ってなかったら「勝とうとする意思が最後まで続かない」とか思いっきり言われたでしょう。

課題も2つくらいあります。1つ目は中田、中村、サントスの出場停止をどう埋めるかです。まあ、北朝鮮もイラン戦で監督が退場になって次は出れませんが。
PVは解禁になりました。最重要な一線で客なし監督なしPVなしじゃ泣けてくるところでした。
2つ目は後半の体力が落ちてくる時間帯で、いかにミスをしないか、そして失点をしないかです。
特に次の北朝鮮は最終予選で勝ち星がありません。予選でせめて一勝。しかもその相手が日本で、その結果日本の予選突破を阻む一線であれば、俄然執念でやってきます。おまけに、彼らは精神的にタフで最後の一秒まで足を止めることはないでしょう。コンスタントに攻めてくると思います。
ですからおそらく、後半で勝利もしくは引き分けが見えてきたときが、見てる側にとって恐怖の時間帯になるでしょう。勝敗もここで決まるのではないでしょうか。

点を入れて勝つ。
シンプルでいって欲しいと思います。

「勝ちたい!!」選手の思いが得点生み失点防いだ
http://blog.nikkansports.com/soccer/sergio/archives/2005/06/post_10.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

日本-バーレーン戦前夜

日本ーバーレーン戦、4日未明にキックオフ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050604k0000m050028000c.html

ガンバレニッポン!!

今日は2-1で勝ちます。しかも得点に絡むのはなんと、私。

昨日の夢がそう告げました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 2日 (木)

映画「ミリオンダラーベイビー」

ストーリーは、ボクサーになるには遅い女とトレーナーの話です。
イーストウッドは老いたボクシングトレーナー(フランク)の役をやってました。というか、イーストウッドこんなに年取ってたのか。年齢考えたら今のうち映画で見といてよかった。
スクラップ(フリーマン)も老ボクサーです。フランクのジムの経営手伝い兼雑用兼トレーナーで、腹が出てます。これもみすぼらしい。二人がそろって会話しているシーンなど、本当にじいさん同士の会話でした。
そのフランクに、これまた見た目のしょっぱい女ボクサー・マギーがトレーニングしてくれと習いにきて話が始まります。

「イーストウッド最高の演技」ということですが、彼の演技を見ていて別に演技だということは意識はしませんでした。病院の病室で眼鏡を外しながら本を片手に椅子に腰かけるとき、イーストウッドは本当にただのじいさんでした。
一方、スクラップはフリーマンっぽいじいさんでした。
この二人の並んだ絵はなかなかオツです。
「お前、靴下に穴が開いてるぞ」
「こいつは寝るとき用だ。風通しがいいからこれでいいんだよ」
「じゃあ、昼間の靴下はどうしたんだ」
「あれはちょっと使えねえ。ぜんぶ穴が開いちまってるんでな」
「金をやる、だから新しいヤツ買ってくれと頼んだら?」
「悪いが馬券代に消えるなぁ」
そこらへんのジジイの会話です。
  演技といえば、フランクの指導でマギーのパンチや動作が明らかに鋭くなっていく様子が巧いです。始めはホントにただの田舎から出てきた女でしたが、試合を重ねる度にだんだん顔つきも変わってきます。フランクは彼女に「モ・クシュラ」というあだ名をつけます。というより観客が彼女をそう呼びます。その意味は例によって最後に明かされますが、まあ、ちょっとインテリのじいさんがつけるにはカッコイイ意味です。

  多分、この映画が面白いのは、登場する人物が負け組み人生を歩いてきた人間だからでしょう。マギーは31にもなって男も居ず、ウェイトレスで生計を立てて、時には客の残した肉をちょろまかす、そんな女です。彼女はガッツがあり、おまけに親孝行です。親はどうしようもないヤツでしたが(というかよくあんな悪そうな役者みつけてきたな)。そしてハリウッドテイストなラストがくるというわけではありません。
 後半で神父が悩むフランクに「神は忘れろ。天国も地獄も忘れろ。彼女の力になろうと考えるな。自分を見失うぞ」というところは重いです。
そういうところが淡々と流れていきます。そこがこの映画の魅力だと思います。

最後のロールで、 
トラックの女の子: ナントカ・イーストウッド
とありましたが、あれは孫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »