« 湿度対策2? | トップページ | 特になし »

2005年6月18日 (土)

洋画「ザ・リング」

声の出演:井上喜久子、関俊彦、堀江由衣、その他

アメリカ人に精神的ホラーは不可能と思ってましたが、思った以上に良かったです。向うでもヒットしたのですが、その理由はBGMと効果音の使用を控えめにしてストーリーがたんたんと流れていくと言う、オリジナルの雰囲気にあまり手を加えなかったからではないでしょうか。この映画は彼らにしてみれば「異質」なホラーだったのではないのかな。
井戸の中でサマラを抱き上げるシーンはオリジナルのお涙路線を控えめにしてましたがここはリメイク共にもうちょっと表現の工夫があるんじゃないかな。サマラを井戸に落すシーンはオリジナルのほうが怖かった記憶があります。自分はおじいさんが貞子を落す場面では、爺さんの静かな作業に鳥肌が立ちましたね。なんというか、昔の人の容赦ない黙々とした殺生と言う感じで。エイダンが「助けちゃったの?何でそんなことしたの・・・」という場面はゾクゾクきましたが。
ビデオがMTVに出てくるアーチスト映像っぽかったですが、多分、SEVENとか犯罪心理捜査官とかのようなサイコチックな感じを狙ったんでしょう。オリジナルの粗悪で謎な感じのをそのまま出していたらもっとホラー度が高くなったかもしれないけど受け入れられないかもしれないです。

マイ結論:17歳じゃない!
声の出演が出演だったので別の意味でも大いに楽しめる作品でした。

2は映画館に行って見たいですがどうなるんでしょう。続編に名作なし、というし。

映画が終わった瞬間に姪に電話をかけてやろうかと思って先にメールで確認してみたら彼女の親から見てないと返事か返ってきたので頓挫。

|

« 湿度対策2? | トップページ | 特になし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/4611766

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「ザ・リング」:

« 湿度対策2? | トップページ | 特になし »