« 原稿 | トップページ | スターウォーズepisode3 »

2005年7月 1日 (金)

宇宙戦争

監督:S・スピルバーグ、主演:T・クルーズ
と言えばマイノリティ・リポートでイマイチだったので、今回も激しく罠の予感がしつつも見に行きました。原稿書きの契機付けだということで。
さて、オチも世界レベルで知られてる小説だし監督・主演もビッグネームなのでファミリー向けのドキドキSF映画かと思いきや、、、監督、もうやりたい放題。これ子供に見せたら恐怖の円盤生物シリーズ並みのトラウマになるんじゃないかと。
グロいし。演出がいやらしいし。
もうね、最高ですよ。
グロいといっても場面の意味を想像したらグロいと言う意味で、スプラッターな場面は出てきません。こういう想像系って好きだな。もう、オチさえ守れば何をやってもいいと思ってるでしょう。
良いんです
クルーズといえばオサレ系な役のイメージしかないのですが、今回は一般労働者の役で新鮮でした。レイチェル役の女の子は、どこかで見たと思ったらやはりアイアム・サム日本語版で金田朋子が声を当てたダコタ・ファニングでした。中々の好演。カルキン氏のように身を崩さないでほしいと願います。

毒のあるスピルバーグを見たい方は是非。
日本人なら思わずニヤリとする場面もあります。
それにしても、無計画な上にのべつまくなしで人を殺しまくる宇宙人というのも非常にたちが悪い。

それはそうと、やはり映画館の音響はすばらしい臨場感がありますね。こういう映画はやはり劇場で見て何ぼでしょう。
まあ、メンズデーで1000円だったし。

|

« 原稿 | トップページ | スターウォーズepisode3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/4780321

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦争:

« 原稿 | トップページ | スターウォーズepisode3 »