« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月30日 (火)

ホスト

昨日、妹一家が仙台観光ということで松島に。
当初、松島→蔵王あたりはいけるんじゃないかと思ってましたが、ゆっくりまわってると松島で一日終わってしまいました。子供もいるからですが、瑞巌時、五大堂、あの赤い橋、島巡りなどをゆっくり回ってるとそれだけで大体6時間は飛んでいきます。

一人暮らしをやってると複数の来客などは想定外の暮らしなので、その準備は意外と時間がかかります。
例えば、自分の使わない食器やら寝具やらは買うのにためらいがあります。お金の問題もありますが、使わないときの収納スペースの問題があるからです。また仕事でどこかに移る可能性がある場合はなおさらで、なるべく身軽でいたいのでコンパクトに収めなければいけません。そして掃除。ホコリとかカビとか、ひとりだとまあいいやというモノもさすがにそうはいきません。こっちのほうは出張と重なって部屋の掃除がやっと。妹に風呂掃除やらせてしまいました(スマン

今回は子供がいるということで、ある程度予測はしていたものの想定以上の問題点が出てきました。「音」です。まあ言わずと分かるでしょうから省略します。部屋がフローリングだと特に夜は響きやすいので、けっこう冷や冷やモノです。とはいえ、口うるさくするのは躊躇われるのでそこらへんとの葛藤です。
まあ、下が苦情のサインを見せ始めたので子供たちに静かにしてもらいましたが、注意一つの言い方にしても頭を使わないといけないです。エライ遠くからやってきて怒られたら、たまったものじゃないだろうので。
ということで階下には今日、菓子箱を持っていきました。

また来るといっていたので、次は先に菓子箱を持っていくかと。
一度知人に、菓子箱は人が来る前に先に持っていけ、と指摘されましたが、これはまさにそうだなと実感しました。

まあ、それでもホストはいいもんです。あと何回かやったら自分の方向性も見えてくるでしょう。次に彼女らが来たときは蔵王と山寺かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電の

土日の停電明けの復旧で、レーザーがいくつかアライメント要。
エアコン一台の冷房機能が動いていないようなので明日再度チェック。
また、停電のせいか、レーザーの矢倉内の水取りぞうさんがエネルギー充填80%。
いや、さすがにこれはもともと湿度が50%もあるからでしょう。
今週末には実験を再開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

つくば出張

NEDO関係のミーティングのためつくばに。TXは乗らなかったものの駅をみてきました。
近未来チックで、なかなかいいです。

ホテルはデイリーイン。安いのでつくば出張のときは結構使ってます。
ビバ・テレ東!

また、かつてジョギングしていたコースを久しぶりに見に行きましたが、研究都市駅への新道で真っ二つにされていて見るも無残でショックでした・・・

そういえば、今日はあの人の誕生日であの人が交通事故にあってあの人の鬱展開が始まる日じゃないですか。
ついでにその前日に自分はまた一つ歳を重ねてしまいました・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

台風接近中

台風11号、25日夕にも上陸の恐れ 紀伊半島沖を北上 
http://www.asahi.com/national/update/0824/TKY200508240066.html

かなり涼しくなりました。台風が過ぎればこのまま秋になるかもしれません。
また、何故か台風が近づくとハウスダストの症状が出てくるような気がするのですが、
気圧等なにか関係あるんでしょうか。

<オンラインニュースより>

つくばエクスプレス:小泉首相も10分間乗車
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050825k0000m040071000c.html
開通おめでとうございます。つくば市民にとっては、私の予想だと
東京ならバスで、秋葉原ならTXでと使い分けになるんじゃないでしょうか。

「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/23/news037.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月21日 (日)

SF「プロテウスの啓示」

今週末は本当に何もする気が起きずに読書とDVDで終わりました。

あらすじ
”整態”技術により人間がファッションで、必要に迫られて、あらゆるものに肉体を変形することができる未来、管理局捜査官ベアルーズ・ウルフは違法整態実験の証拠をつかむ。
その事件を追っていくと、やがて、水面下で動く太陽系を巻き込む陰謀へとつきあたる。

チャールズ・シェフィールドは2002/11に死去しました。初めて読んだ彼の作品は「ニムロデ狩り」です。彼の小説の時代設計のテイストは70-80年代っぽさを感じますが、ストーリーもアイデアもスリリングで味があるので好きです。プロテウスの啓示も、初めはただのSF推理モノかと思いましたが話が進むにつれて"整態"の実現した社会の風景など、どんどんSF世界に引き込まれました。この作品を面白くしているのが、違法実験の第一容疑者ロバート・キャップマンです。彼は惑星規模で有名な病院の病院長ですが、ベイの追っ手が迫るや、トラップをしかけ姿を変え(整態があたりまえの世界なので)痕跡を消し、時にはあっという形で彼の前に姿を現しては又消える、まるで、ハンニバル・レクターのような人物です。キャップマンの極秘プロジェクト、「プロテウス」「肺魚」「ヤヌス」「タイムセット」とは何なのか。そして途中からこれまたとんでもない方向に話が進み始めて最後は太陽系が舞台ですかと。こういう大味展開がたまらない人にはかなりクる小説です。
SFはこうでなくては。
ちなみにこの作品は絶版なのでヤフオクでゲトしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

花火

花火をやってますが、部屋からでも見えました。
下を山に囲まれて半分だけ見えるのでゴレンジャーの爆発シーンみたいです。
やはり花火は下から見上げるものですね。

<オンラインニュースより>
コヒーレンス時間を二桁向上する集積化に適した
シリコン量子ビットの開発に成功

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/08/0819.html
>なお、本研究成果は、2005年8月発行の米国物理学会誌フィジカル・レビュー・レターズに掲載される予定です。
それは見ないと。

新ウイルス、週明けは要警戒 ウインドウズ欠陥狙う
http://www.asahi.com/life/update/0820/003.html
またか。次から次へともう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

データ消去

ノートの不調+再インストールにおいて、上海画像データが消失・・・。
なかなかナイスな建築物をたくさん取ったのにすべて・・・。

<オンラインニュースより>
摘発した大麻を「再利用」、乳牛のエサに。

http://www.narinari.com/Nd/2005084844.html
ホントに良いのか?

家庭で充電できる電気自動車、2008年発売へ
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20050819ve01.htm
>夜間の電力で充電した場合、電気代はガソリン代の10分の1程度で済むという。
1ヶ月のガス代が約1000円。これが普及すればGSが消えるどころか日本のエネルギー事情が大きく変わるかもしれません。
もしくはGSが充電スタンドになるかもしれません。
また、工業はともかく、家庭生活にいたっては原子力発電でほとんどがまかなえることになりますから期待。

後はデュートリオンビーム送電システムに移行すれば凄いことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

蘇州もか

<オンラインニュースより>
豚連鎖球菌の感染拡大か 邦人多い蘇州で疑い例
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050817-00000086-kyodo-int

発見されたのが今月初め。ちなみに自分の出張した上海とは車で1時間。
8/6に台風のために蘇州観光を断念したのですが、・・・天啓?
とはいえ蘇州は上海へは近いので全く安全じゃないです。それに感染による死亡が明らかになったのが今月初めということだから、それ以前より連鎖球菌はあったはずで、そのような病気にかかった豚肉が上海に入っている可能性は大いにあります。
でも、連鎖球菌の症状を見る限り倒れていない自分は大丈夫のようです。

出張の時点で中国はこの大事な情報を統制しているようでした。
症状にしても内容はネットで調べれば大事な情報を手に入れることが出来ます。
日本入国のとき、検査員に「観光でパソコンは入りますか」と聞かれましたが、これからはいるでしょうね。特に情報が入りにくい国への旅行だと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

日本 2-1 イラン

加地34試合目の初ゴール/W杯予選
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050817-0032.html

34試合、まだ師匠の足元には及びませんね。前半最初にキッチリ一点取れるようだったら来年も安心できるんですが。
しかし、加地は後半になってただの加地に戻りました。サントスと中沢の守りはよかった。
大黒はあと一歩。せめてあと半歩で化けそう。問題はスタミナ?
まあ1位ですからヨシ。

<オンラインニュースより>

宮城沖地震:運動施設の天井落下 補強材なしが原因
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050818k0000m040098000c.html
宮城沖地震が予言されてるのに補強材ナシというのは考えられないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

地震

正午前の地震でちょっとした被害がありました。
2年前の宮城県沖の地震のときは寮ということもあってモノがなかったので何事も無かったのですが、今日は帰ってみると戸棚の皿などが落ちて割れてました。
さらに、帰省の間に枯れているだろうなと思っていたバジル2号その他が生きていて
「自然の力はあなどれない」と感心していた矢先に隣に積んでいたタイヤが落ちてきて
下敷きになっていました・・・orz
ついでにノートが30センチほど下の床に落ちていてOSが立ち上がらず再インストール。

レーザーは今日の臨時確認では特に可視的被害はありませんでした。明日からチェックと調整。

天災は忘れた頃にやってくるとはこのことです。
大抵の地震では、揺れ自体は余程大きくなければ乱気流の中の飛行機より酷くは無いですが、火と落下物が被害を拡大します。

<オンラインニュースより>
宮城県南部で震度6弱、5都県で重軽傷57人
http://www.asahi.com/national/update/0816/TKY200508160209.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

帰省

急用のために金曜から昨日まで帰省。
中国から疲れが解消しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

閑散たる研究室

もうホント、人いませんね。

明日から雨だそうで、今日は涼しいです。

<オンラインニュースより>

郵政問題3
http://blogs.yahoo.co.jp/oreha_onitada/MYBLOG/yblog.html?fid=516707&m=lc
コメントがかなりえらいことに

仙台市地下鉄東西線に工事認可 国交省着工時期前倒し濃厚
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/08/20050811t11030.htm

どこからリニアの資金を調達するんだろう・・・

<ヤグルマギク>イオンと結合し色が変化 青い花の謎解明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050811-00000021-mai-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

国際会議が終わりヘリウムも止まって、研究室はまるで夏休みモードです。
自分はというと、若干の腹痛が・・・
向うで水飲んだからでしょう。ホテルの用意したペットボトルですが、
そもそも水質が日本と違うようです。

コーラック飲むよりよっぽど健康的に便秘解消じゃないかと。

<オンラインニュースより>
【立花隆】衆院解散、派閥解体で小泉首相が狙う次の一手

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050810_kaisan/


中田英寿:ボルトン移籍確実に プレミアでのプレーは初

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050811k0000m050098000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

帰国 アンド 日本勝利

海外出張の内容総括云々より、とにかく疲れました。
買い物の半分以上がぼったくりであり、次回への大きな課題となりました。
まあ、あのビル群を見るだけでももう一度行きたいです。

それから、今回、予想していた一般市民からの反日というのは全然感じませんでした。
ラッキーだったのかもしれません。

<オンラインニュースより>
中国:上期の外国観光客は5830万人、韓国から38%増、日本からは14%
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/390143

サッカー:日本、韓国降し2位 東アジア選手権・男子
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050808k0000m050049000c.html

最近の傾向では、シチュエーション的に負けるだろうという方が勝ってますな。
大抵試合が動くのは最後で、前半にどちらかが先制した場合でも追いつきます。
主力と控え組との差はちょっと問題ありすぎ。
結局、主力組のOGAと中沢が決めたし。マキ、阿部、土肥は後一歩なんだけど。

あー、実況ウザすぎ。特に前半。日本も応援してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

マッツァ

昨日、DPCも無事終了し、今日は蘇州の観光。
のはずがマッツァのお陰で断念。
今日飛行機で帰る参加者の人たちもかなり予定が狂ったみたいです。

towerということで市内観光にチェンジ、上海タワーに上ってきました。
全長400M越。最上階までだと100元。
もちろん天辺まで行きましたが、今日は台風で強風にもかかわらず揺れはほとんどありませんでした。
ただし、自分達が最上階から降りた後、強風のため一時エレベータが停止してました。
で、とにかく人が多いこと多いこと。TDLでもないのにひたすら待ちました。おまけに、現地人はそ知らぬ顔して横割してくるくせに後続の横入りをカットしたりするので、その神経にムカつきましたが、
多分郷に入っては郷に従え、一々腹を立てても仕方が無さそうだということを了承。

kisei

いやちょっと、不覚にもワロタので。
テレビ塔の後でEマートというところに行って電気製品などを見ました。Eマートは家具、家電、食料品などあってスーパーマーケットみたいな物ですが、かなり大きいです。
多分、上海で暮らすにも旅行に来て必要な物をそろえるにも、大体のものはそろうんじゃないでしょうか。電化製品は日本円にして大体日本より少し安い程度で、すこぶる、というわけではありません。
ただし、本皮を使ったソファはこっちの方が安かったです。

dac Eマートで買った上海最後の晩メシ。鴨のテリヤキ10元≒150円。
いやこれがバカにならないほどウマイ。晩飯はこれと青島ビール1本で終了。
明日は飛行機は飛ぶのでしょうか、それが心配ですが、まあダメだったら明日もコレを買ってきます。
生きたスッポン(野生)は1700元くらいでした。養殖っぽいのは1200元くらいだったかと。安い。
これも食べてみたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

四日目

インバイテッドのセッションが終わった後、今日はエクスカージョンがありました。

museum 1上海美術館
大英ほどではないですが大きいです。
1-4階まで、下から順に歴史の古い方からテーマ(青銅器、彫刻など)に分けて展示されています。
いつだったかNHKスペシャルで見たような光景がありました。
内部構造のデザイン、つまり配置やら天井やらは秀逸で独特の雰囲気を作っていました。

kuruzu 2. クルージング
これもなかなか良かったです。
どうも川沿いの建造物が、川を挟んでロンドンあたりの雰囲気と、東京あたりの無計画な雰囲気の二つに感じました。
画像は前者側です。
いやもう、けっこう凄かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魯迅公園

ro午後一のインバイテッドを聞いた後、魯迅公園に行きました。タクシーで大学から18元。安いです。
公園の前で降りた後、マズは南に下って多倫路文化名人街に行きました。
ここは昭和初期 とか戦前あたりに戻ったような感覚です。中には戦後らしき雰囲気のところもありました。
街角で何人かがカードゲームをやってました。
この風景 は良く見ます。

rojin 魯迅公園の記念館に行きました。入場料8元。閉館間際だったみたいです。で、中を見ていると、日本語が喋れる中国人が話し掛けてきたわけですよ。で、魯迅の話をしてくれる、と。魯迅の生家は今焼けていて彼の息子さんがそれを再建しようと心ならずも記念館の一階で商売してると。で、見学の後そこに連れて行ってくれて紹興酒を試飲させてくれるわけですよ。「これ、いつもなら一本100元のところ今日だけ2本で150元にしてあげます。儲けは全然気にしなくていいです、いま兎に角魯迅先生生家の再建のためのお金が必要なのです。安くしますが私たちの儲けを心配しなくていいです、私たち儲けようなんて考えてませんから
キタキタキタキタキター
まあ普通に断ろうと思った矢先、一緒に回ってたS君が「2本で100元ならいいですよ」とか言うんです。
もうね、アホかとバカかと。
まあ、で、結局二人とも買っちまったわけですよ・・・
一瓶100ml。
そしたら次に中国茶を試飲させてくれるわけですよ。「無理に勝手とは言わない。ただためしに飲んでみて」と。
まあそれはさておき、中国茶の入れ方は独特ですね。水受けの台の上で茶器に何度も湯を入れては捨てて、
茶コップは小さく、臭い用と飲む用があります。
で、飲むと今度は別の茶まで試飲させてくれたりして、で、「今日だけ、この二つで100元」とかヤッパリキターーーー。
渋ってると「これはちょっと苦い。前のほうが美味しかったでしょ。前の方が高級」
と来たので、「僕はこっちの方が好きです。苦くないですよ」と返すと
「そう、苦くない。沢山入れると苦いけれど少し入れると美味しい」
何このクイックカウンター。
ついでに「でもあなた沢山お茶飲んだ」と来たので
「そりゃあんたがタダだつったから飲んだんじゃん」とか言おうと思いましたが、
まあ、いやいや結構結構とかいって出ました。

超不覚。記念館恐るべし。
行く人、注意すべし。
損したのは1000円分くらいなんですが、100元で何を食べられるかを考えたらべらぼうに高い。
多分、元値は5元くらいなんじゃないかと。

その後、公園内を散歩してタクシーを拾って会議場に戻るとちょうどポスターも終わる時間でした。
タクシーを捕まえても大学知らないドライバーがいたので、中々拾えなかったことが誤算でした。

バンケットは初日に夕飯を食べた中華料理屋で、こちらは満足でした。
ウェイターウェイトレスさんで前回来たときのことを覚えてくれてた人がいたので写真をとりました。
上海蟹とフカヒレスープは旨かったです。
前者は9-10月が旬らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

ポスター終了

kamo 最優先の仕事は終わりました。
夕食の後、知人の教授宅にお邪魔して少し酒を飲みました。
そこで食べたつまみのスモーク鴨レバーが気に入りました。
土産に買って帰りたいですね。

<オンラインニュースより>
日本水産:“いちごミルク味”の魚肉ソーセージ発売
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050803k0000m020078000c.html
ゆくゆくは給食採用で全校生徒リアルカハァ!でも狙ってるんでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

上海二日目

fudan Fudan 大学です。ホテルから歩いて40分。
暑いのでかなり疲れました。
後で、訪問した研究室の学生さんと話をすると、上海は高いときだと
37度くらいになったりするそうです。
conference用の送迎のバスがでていたことは後で知りました。

conf_vene 国際会議会場です。
昨日上海に参加者も多く、レジストレーションを済ませていました。ハードコピーとファイルを提出して、国際会議に付物のバッグを受け取って終了。旅行とかに使えそうです。

bikoku 美国研究中心。意味を知ったら全然違った。てっきり緑化運動かと思ってました。
テレビで世界水泳の国別結果を見るとたしかに美国になってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海初日

珍しくというか初めて海外からネットが繋がル用設定できました。メッセンジャーまでは自力で繋がらず。
ということで今、上海市です。仙台から3時間。時間差1時間。一応機内食でました。ソバとパンとフルーツ。
それはさておき、今日のまとめ

1、タクシー
taxi タクシーは運転席は防御されて独立してます(左参照)。タクシーのオヤジは少林サッカーの主人公の兄貴に似てました。多分性格も。スタートするとすぐに高速に乗りました。日本と違って高速に料金は要らないようです。それとも高速チックな道路なのか。で、ぶっ飛ばしますこれがまた。時速100kmはあろうかというスピードで、しかもライトで煽ります。狭い隙を縫ってライン取りします。煽られます。これは他の車もそうでした。カーチェイスですか?おまけに英語は通じません。行き先を示しても空港から遠いから、ハァ?と言う感じで、こっちがメモを出す→知らん→地図を出す→ハァ何処よ?→行き先にマーク出す→唸る。電話しろと言う→持ってないというか日本の携帯なんか使えないと英語で言う→やっぱり通じない→聞こえなかったのかと一回リピート→何処へ連れて行く気かと(この間も時速100km)。そうかそういうことか、とホテルの電話を書いてみせる→オヤジ電話する→オヤジ納得。
ということであとは無言でカーチェイスやってました。まあ海外じゃよくある光景じゃないでしょうか。浦東空港から上海市の北側にあるホテルまで150RMB。上海駅でもそれくらいじゃないでしょうか。最後に4RMBちょろまかされましたが、まあチップ代わりに了承。ここらへんはアバウトなものなのかもしれません。
上海の高速は中央の縁せき上の芝生の上に普通に人が座ってました。路肩を人が歩いてました。トラックの後ろに人が数人乗ってました。危険じゃないのかな・・・

2、上海料理
早速、ホテルの中華料理屋に行きました。頼んだのは鳥のつまさきの煮たもの、鳥の北京ダック風、カニ豆腐(?)のカニあんかけ、イシモチの唐揚げの甘酢煮。バドワイザーをつけて191RMB。ホテルだとやはり高いです。でもウマー。ここでも英語が話せる人はいません。メニューでこれとこれとこれ、という感じで。こういうホテルではウェイトレスは客のテーブルの近くで待機しているのが普通なのか、ちょっと落着きませんでした。で、自分が持ってきていた「中国語自由自在」という本に興味を持ったみたいだったので、中身をこんな感じですよと開くと面白がって数人のウェイトレスさん達ががやってきました。それでわいわいと中国語の部分を読んで教えてもらったりして楽しかったです。とてもフレンドリーな方達でよかったです。他にもスッポンとか色々あったのでまた行きたいです。
ヘンハオチーは「とてもおいしかったです」。
ちぃおぼえた。

部屋もかなりモダンで気に入ったのですが、例によってvaioが故障するのでなければまた後日に。

明日はDPC初日。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »