« AZOZが久々の更新 | トップページ | 筑波山が紹介されたとか »

2005年9月16日 (金)

ブラックラーメン

夜食といえばラーメン。
今日は留学生君が帰省の土産に持ってきてくれたブラックラーメンです。

black blackkayaku

(左) 袋は普通ですが、
(右) スープは黒いです。コーヒーなみに。この時点で日本のラーメンとは違った香りがします。麺をゆでる時間は4分です。
麺は我々の食べているものよりしっかりしてます。
麺はこっちのほうが好みです。

blackkansei 完成品です。
画像では分かりにくいかもしれませんがとにかく黒いんです。
最初は辛ラーメンみたいな味を想像してたのですが、予想は見事に裏切られました。

実は、このブラックラーメン、学生の間では不評でした。
というのもいわゆるラーメンの味とは全く違うからです。
アリゾナの片田舎のさびれたバーちかくで粉塵巻き上げる真夏の昼下がりの風のような味というか、なんとも自分の語彙の少なさを感じます。
辛ラーメンは食べたことがありますが、"辛"というほど辛くはないですが、あれはラーメンです。たしかにラーメンです。
しかし、このブラックラーメンの味はラーメンというカテゴリから外れています
これを製品化してラインに載せた会社はよっぽど前衛的なのかチャレンジャーなのかどっちかでしょう。
例えるならスパイスの効いた無味ラーメンというところでしょうか。

なんていってますが、しっかり4-5袋をもらったので、イロイロ試行錯誤をやってみた結果、一つ発見しました。
このラーメンは異常にマヨネーズと合うのです(完成画像上)。
taneware 試しにマヨネーズを入れて口に入れてみたとき、
私の種もはじけました。
(画像はイメージ)

これはもう新次元です。といいますか、調味料一つがこれほど素材の味を引き出すのかを身を持って体験しました。
脅威ですよ。
というわけでブラックラーメンにはマヨネーズはかかせません。

てなことでいつの間にかそれなりに気に入っています。私には、さわきのグリーンラーメンよりよっぽどいけます。
しかし、これは夜食向けですね。

|

« AZOZが久々の更新 | トップページ | 筑波山が紹介されたとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AZOZが久々の更新 | トップページ | 筑波山が紹介されたとか »