« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月27日 (木)

月山

前日の話ですが、 久しぶりの登山です。ハッキリ言ってもう今年度50回はムリですね。
  そもそもデジカメを買うきっかけが、去年10月中旬に月山で見た紅葉に感動したからでした。そのため、月山は今年のメイン登山の一つで、10月を待っていました。そこで、今年は去年より一週遅いのですが、行くべしということで有休を取って言ってきました。

michi去年は山形道を走っているそばから山が黄色だったのですが、今年はまだなのか、黄色にならないのか、所々しか紅葉していなかったので、最初は不安でした。
  しかし、月山ちかくになるとしっかり紅葉していて(半ば過ぎ)、きれいでした。平日なので、交通量もほとんどなかったので快適でした。

noborihajime 休みを取ってまで来て大正解。天気に感謝です。
13時スタート。いつもながら遅めです。
さすが百名山其の35。これが東北登山の醍醐味でしょう。
鹿や猪や馬はいませんでしたが、私が今までヤマケイでしか見たことのないこのコントラストを実際に見るだけで東北に住んでてよかったというものです。

meshi メシ。ゆかり最高。景色も最高。
平日とあってか、人はほとんどいませんでした。しかも自分以外は下山の途中です。
後で思い知ったのですが、早めに登るのは不慮の事故など緊急のときの他の登山者への助けを求める、獣との遭遇の回避、夜の冷え込みによる体温低下の回避など、時間に余裕がある行動が安全だからでしょう。

atosukoshi 姥ヶ岳との分岐点を曲がり、月山頂上を目指します。
画像は尾根の反対側ですが、熊がいました。
2Mくらいの黒。このときは声を上げると姿を消していったのですが、後で聞くと秋は冬眠前なので危険とのこと。
登るべきか退散すべきか迷った末、さらに頂上付近に人の姿を発見したので登ることにしました。賢明だったのかは分かりません。

goal 頂上には月山神社があります。残雪もありました。
今年も無事これました。
本当はこの頂上のちょっと下に山小屋か何かが建っていた跡があり、そこにもう一度立って景色を見るが目的の70%くらいでした。
この時点で15:30分。もう暗くなりかけていて、熊の件もあったので早々に下山。

途中、日が落ちてきてかなり暗くなったので熊が出てこないかとかなり不安でした。駐車場には17:30分につくと直ぐに日没になりました。
危なかった。

以上、なかなか良い登山でした。
で、こうやってデジカメで撮った画像を見ると、やはり生で見たときの情景は再現できておらず、プロのカメラマンはやはり高度な技術保有者なんですね。
まあ、自分には1眼レフを持っていくほどの気力はありませんが。

この後、帰りに研究室に寄ってみると、とんでもない出来事が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

成恵の世界 8

第8巻がいつの間にか(7月)出てたので買いました。
絵がー。大体にしてコミックとかは、始めは気合いを入れて丁寧→自分の型に落ち着く→ラフになる
というパターンが多いのですが、そうなりそうな予感。
相変わらず、何か懐かしい感じがするのは、登場人物のノリが1970年代とか一昔前の感じがするからでしょう。美化された昔の日本人像というか。
そういえば宮崎駿の登場人物もそんな感じです(正月に新作があるとか)。


最近、ネタが時空のゆがみネタが多いかも。

結論:こんなのバチスカーフじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

研究会

今日はOB・OGの同窓会兼研究会がありました。

 昨日、今日のためのプレゼンを作っていたらロシア人との次の実験と、複合構造系のバンド計算のディスカッションが
入って4時間くらい経たところで「ヤバいので今日はコレで」と自分だけ切り上げさせてもらってプレゼンを作ったものの、
8割くらいまで仕上げたところでとにかく現地へGOということで車に資料やらスーツやら全部突っ込んで高速に飛び込みました。

などとありましたがなんとか今朝形になったので発表は支障なくできました。
10人ほどのD者の発表でしたが、卒業生が日本各地で研究を続けて成果を出しているのを見て何やら感慨がありました。

研究会終わって1次会で、MCのときの同期4人と再会しました。さすがに最後わかれてから当社比2倍になってるため、声をかけても一瞬認知してもらえませんでした。
後輩も口には出しませんでしたが、何を思ったかは洞察力で悟りました。
まあ、予想はしてたけどな・・・

準備の方々、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

タイゾー in 仙台

先ほど、銀行の帰りに藤崎の前で杉村タイゾー氏が県議会選挙の応援をしにやってきてました。
新人なのに知名度を使ってさっそく選挙応援とは、彼ももう仕事してるなと思いました。
握手してもらいましたとも、ええ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年10月19日 (水)

科研費

やっと原稿終了!
今回から、申請書類の一部が電子化されました。普通に書いていてもなかなか分かりづらかったのですが、ID取得とか余計に困惑しました。
慣れれば便利なのでしょうが、そこら辺にも申請者側に閾値を定めているのかな、とか。
 応募内容も前年度に比べて書く欄の量がほぼ2倍となかなかボリュームのあるものになり、ここら辺、文才があるかないかが採択か落選かの決め手になるのではないかと思います。ここらへんは独立法人化したこれから、研究者もしっかりアピールができないと厳しくなる時代でしょう。

<オンラインニュースより>
機長、「機体のバランスが悪い」と太った人を前に移動させる
まああれです、鳥取空港じゃなくて良かったねとか言ってみる。

韓国に万能細胞バンク 研究加速、利用に賛否も
是非はともかく、遅くとも1世紀後にはES細胞、クローンは医療サービスの要として社会生活の中に入っているだろうと思います。
今が科学によって未来が開かれる歴史段階である以上、先に科学が盲目的に右足を出し、後からモラルが慎重に左足を出すというものなんでしょう。

隕石がふってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
すごすぎですw。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

休日実験かー

久しぶりの休日実験。
平日はいろいろあって実験する時間が取れません。
ロシア人サンプルの下請け実験は一応一通り終わったので、後は論文Fig用の細かいところの実験になるのではと予感。

オクスフォードのサンプル層へのヘリウムの入りが早いです。
どれくらい早いかというと、今まで満タンにするのに15-20分かかってましたが、今は1分です。
超流動になるまでに3分です。
一度ニードルバルブが凍りかけて、入れるのに2時間以上かかるようになったので、
これでもかというくらい溶かしたのですが、思わぬ効果。

実験系の調子がいいときはレーザーに問題が発生する。
レーザーの調子がいいときは実験系に問題が発生する。

とは光物性実験室の法則でしょうが、先日レーザーも見てもらったので特に問題なし。
こういうときは科研費やその他の締め切りなどで実験がなかなかできません。

<オンラインニュースより>
福岡のメードカフェに風俗営業指定
警察おいおいとか思いましたが、
>福岡市の店の場合、客が来店すると、メード姿の女性従業員が「ご主人さま、
>お帰りなさいませ」と出迎え、ひざまずいて注文を受ける。
これは間違えられても文句はいえないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

ロシア英語

ロシア人との共同実験。
本当は一緒にやったほうがよいのですが、こっちでやったほうが早いのでM1と一緒にひたすら測定。
しかし、なんかこっちが下請けみたいな感じが。
だいたい彼も実験がやりたくて来てるんだろうに・・・
で、次は一緒にやろう、と話をつけました。

自分の経験の範囲でロシア人の英語は聞き取りやすいです。落ち着いてしゃべるというか大抵の発音が分かりやすいです。しかし注意する単語の発音もいくつかあります。

1. アブゾーブ
これはobserveなんですが、ほとんど absorb に聞こえるので注意です。
始めは"I アブゾーブド the luminescence of ..."などと言われて、発光を吸収したのか!?などとかなり混乱した覚えがあります。

2.キョフ
不明。文脈からして多分curveじゃないかと。スペクトル形状の議論をしているときに出てくる印象が。

他にもあるのでしょうが、気になるものを知っていましたら教えてください。
ちなみに一番分からないのがネイティブ。
意味が分かりません。日本語しゃべってほしいですね

<オンラインニュースより>
ソフトと対局に「待った」 日本将棋連盟が全棋士に通知
負けたら棋士の商品価値が下がるからというのは消極的理由の感じがします。
>きっかけは9月に石川県小松市であった公開対局。五段の棋士が途中まで不利な戦いを強いられた。
あー、あの人ですか橋本崇載五段。
いろんなところでコラ画像を見ますがどこまでがコラなのか。苦戦のコメントがなかなかユニークな人です。
金髪対局はどうなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

科学ニュースとか

宇宙食はアワビや大エビなども含んだ豪華メニュー
>料理は、▽アワビ▽イカ団子▽肉団子▽焼き豚▽豚肉を砂糖としょうゆで
>煮込んだ「紅焼豚肉」▽肉とカシューナッツを炒めた「宮保鶏丁」--などのほか、
>主食類は▽白飯▽カレーご飯▽五目チャーハン▽八宝飯--
>の4種類から選ぶことができる。

日本はカップラーンメン食べれるだけで泣いて喜ぶのに。
自分だったら宇宙でおにぎり。

MS、「Winny」悪用ウイルス退治に本腰
>ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を悪用してパソコンから情報を漏洩(ろうえい)させるウイルスの退治に、マイクロソフトが乗り出した。12日から、同社製の基本ソフト「ウィンドウズ」を更新すれば、こうしたウイルスを駆除できるようにした。 

これはWinnyを奨励しているようにも見えるのですが・・・?

ノーベル経済学賞、ゲーム理論の2氏に
ノーベル経済学賞の存在意義は色々議論があるみたいです()。
確かに、「この経済が人類に貢献した」とかいうのは利害が伴うから客観的な要素が少なくなるし普遍的な科学なのかといわれると違うだろうし。
イロモノ?、という訳ではないでしょうが。
ゲーム理論だとアニメとゲームが産業主力の日本にはなじみがあり、受け入れやすい概念でしょう。
近いうちに「ゲーム脳」理論を打ち立てたあの人も医学賞候補に選ばれるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人権救済条例案を可決

人権救済条例案を可決 鳥取県 氏名公表などに批判も
>例えば正当な理由なく調査を拒んだ人権侵害の当事者には5万円以下の過料を科し、
>勧告に従わない場合は氏名・住所を公表できるなど、委員会の強制力は大きい。
>当事者は勧告と氏名・住所公表の際の2回、事前に弁明する権利はあるが、過料の際は抗弁の機会はない。

すごいね鳥取。条例案の詳細は知りませんが素人考えで例えば

性犯罪常習犯がどうやら近くに住んでいると分かったとする。
子供の安全を守るために母親が調べてみてどうやら本当で、近所に注意を促す。
常習犯が差別と委員会に通報、委員会はその母親を罰則、場合によって氏名公表。
常習犯はゆっくり人間観察。

というようなハリウッドサスペンスみたいなケースは出てきそう。
というかこの手のサスペンス小説はいくらでもネタが思い浮かぶだろうに。
こういう、人権と知る権利の拮抗する微妙な問題は全て禁止になるでしょうね。
差別されるのは誰だってイヤだし、
誰だって罰則や氏名公表されるのはイヤですから怖くてできません。

というか、観光とか大丈夫なのかな。
県外人にも適応されるんだから、観光に行ってもいつだれに通報されるか分からないおそれがあるかもと考えられたらかなりダメージじゃないかと。

いいのか鳥取県民、本当にそれで?

等といってる日本全国、明日はわが身なんですがね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 9日 (日)

須川温泉栗駒山荘

kurikoma 栗駒山荘にいってきました。普通に考えたら連休の中日で混むのは分かるハズだったんですが、忘れてました。
狭い山道を渋滞2時間。
原因は観光バスが一車線で反対側の車にふさがれて立ち往生とか、狭い道を無理やり前に詰める車で進退不能状態とか・・・。
また、2車線だからと脇に駐車している湘南ナンバーBMWとかが高血圧者の血栓みたいに渋滞の原因になってました。というか関東ナンバー酷すぎ。もう少し、考えて路駐してくれ。

気が付いたらなんで自分、こんな山中で交通整理やってるんだろう・・・とか。

栗駒山荘に到着し、料金600円を払い、追越風呂なみの洗い場での列並びをクリアすると、ようやく入浴。
乳白色で鳥海山だかを望む露天風呂で見晴はよかったです。山頂の木々は紅葉の半分くらいきており、綺麗でした。
2時間渋滞で30分入浴、まあこんなもんかと。

来月初めの日曜で冬季休業に入るとの事。
帰るときにはガスが出始めていて、冬の風が吹き始めていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

ノーベル賞(イグ)

イグ・ノーベル栄養賞にドクター・中松氏
>35年間、毎日自分が食べる食事を写真に収め、3日前の食べ物が自身の頭の
>働きや体調に影響を与えることを突き止めた、というのが授賞の理由。

ドクター中松といえば
東京大学卒業 ・国際創造学者 ・工学、法学、医学、理学、人文学博士
というすごい経歴ですごい人です。フロッピーディスクの件は有名だし。
そもそも日本は技術屋に対する評価が低すぎです。声優しかり。
彼の博士論文は一生のうちに見てみたい文献のうちの一つです。

そういえば頭脳パンってはやったな。
いつかバイトで某マテリアルの生産ラインを見たことがあり、「頭茶」とかそんな感じの缶が膨大に詰まれてたのを見たことがありますがあれはどうなったんだろう。
で、頭の働きや体調をどうやって評価したのかはおいといておめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年10月 6日 (木)

芋煮

imoni 天気はあまりよくなかったですが、芋煮。
具はいつものを味噌ベースで。ロシア人にコンニャクって何だと聞かれて非常に困りました。
特別な山芋から作るものだと答えておきましたが、あとで調べると devil's-tongue / Elephant Foot ということらしいです。
学術名は Amorphophallus Konjaku アモルファス・コンニャクじゃありません。
いや、英語圏人ならいいけどそれじゃ分からないって・・・

<オンラインニュースより>
CEATEC:日立、全チャンネル録画機向けユーザー・インタフェース
同時多チャンネル録画ではなくて、録画したものを簡単に検索できるという感じですが、それくらいの製品ならもう出来てないのかな?
DVD録画した番組のサムネを表示ということでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーザー 立ち上げ

昨日はS○の方の共同実験室の Tsunami 立ち上げに立ち合い。
位置決めのときに Tsunami を横倒しにしたりした光景はかなり新鮮でした。
そういや私も学生のころ水平偏光のレーザーを垂直偏光にしないといけないことがあって
「レーザーを横にするのはどうか」と言って助手の人に一笑されました。

その後、研究室の実験室の spitfire を診てもらいました。
やはりアナログが使えない測定屋はかなり不便だなと自分で思いました。
と傍がいうくらい、自然にあやしいところをチェックしていくところはさすがです。

日本には、いないと困る人は確かにいますね。
その人が風邪を引くとみんなが困るような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

ノーベル物理学賞発表

ノーベル物理学賞、米独の3氏に

ちょうど量子光学の本を読んでたのですが、そうですかこの人が基礎を作ったんですか。
これで光物性の希望者上がるかな?とか思ったり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

三連休考察

先週の三連休、学会のときは登山だとか言ってましたが、
昼間から酒飲んで本を読んで寝てましたハイ。
いやもったいない、とも思いますが、考えようによってはわざわざ有休をとって昼行灯になろうとなど思うはずがなく、そう考えるとボーナス三連休は有意義な使い方だったかもしれません。
  というのはウソでせめてドライブにでも行きゃよかった。青森岩手の温泉めぐりとか色々出来たじゃん・・・・orz


<オンラインニュースより>
ノーベル医学生理学賞:ピロリ菌発見の豪州2博士に

強い酸性の胃液が出る胃の中に細菌がすめるはずはないとされ、ピロリ菌の存在を否定する専門家も多かった。このため、マーシャル氏は自らピロリ菌を飲み、急性胃炎になることと抗生物質で菌を殺すと胃炎が治ることを示し、自説を証明した。

「なること」と「直すこと」での証明は決定的の証明法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

avexがインスパイア中止?

「のまネコ」商標登録を中止 CD「恋のマイアヒ」

抗議が殺到したため商標登録の出願を取り下げ云々の前に、音楽の著作権の保護を訴える企業がネット文化(?)の産物を自社商品化すること自体が二律背反している訳で、そんなことを涼しい顔してやってたら、自分たちが主張している著作権の保護自体、正当性はなくなってしまいます。

avexと契約してちゃんと創造的活動しているほかのアーティストの人たちにとっては、今回のことは理不尽にイメージダウンして良い迷惑だったでしょう。

インスパイアは当分言われつづけるんだろうな・・・
それにしてもavexくらいだったら専属デザイナーも少なからずいるでしょうから、問題があると始めから分かっているなら別のデザインを作ればよかったのに。
なぜわざわざ「のまネコ」に固執してしまったのか、ネットで批判されて意固地になってる部分があったんじゃないのでしょうかと邪推。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »