« 成恵の世界 8 | トップページ | 楽天 »

2005年10月27日 (木)

月山

前日の話ですが、 久しぶりの登山です。ハッキリ言ってもう今年度50回はムリですね。
  そもそもデジカメを買うきっかけが、去年10月中旬に月山で見た紅葉に感動したからでした。そのため、月山は今年のメイン登山の一つで、10月を待っていました。そこで、今年は去年より一週遅いのですが、行くべしということで有休を取って言ってきました。

michi去年は山形道を走っているそばから山が黄色だったのですが、今年はまだなのか、黄色にならないのか、所々しか紅葉していなかったので、最初は不安でした。
  しかし、月山ちかくになるとしっかり紅葉していて(半ば過ぎ)、きれいでした。平日なので、交通量もほとんどなかったので快適でした。

noborihajime 休みを取ってまで来て大正解。天気に感謝です。
13時スタート。いつもながら遅めです。
さすが百名山其の35。これが東北登山の醍醐味でしょう。
鹿や猪や馬はいませんでしたが、私が今までヤマケイでしか見たことのないこのコントラストを実際に見るだけで東北に住んでてよかったというものです。

meshi メシ。ゆかり最高。景色も最高。
平日とあってか、人はほとんどいませんでした。しかも自分以外は下山の途中です。
後で思い知ったのですが、早めに登るのは不慮の事故など緊急のときの他の登山者への助けを求める、獣との遭遇の回避、夜の冷え込みによる体温低下の回避など、時間に余裕がある行動が安全だからでしょう。

atosukoshi 姥ヶ岳との分岐点を曲がり、月山頂上を目指します。
画像は尾根の反対側ですが、熊がいました。
2Mくらいの黒。このときは声を上げると姿を消していったのですが、後で聞くと秋は冬眠前なので危険とのこと。
登るべきか退散すべきか迷った末、さらに頂上付近に人の姿を発見したので登ることにしました。賢明だったのかは分かりません。

goal 頂上には月山神社があります。残雪もありました。
今年も無事これました。
本当はこの頂上のちょっと下に山小屋か何かが建っていた跡があり、そこにもう一度立って景色を見るが目的の70%くらいでした。
この時点で15:30分。もう暗くなりかけていて、熊の件もあったので早々に下山。

途中、日が落ちてきてかなり暗くなったので熊が出てこないかとかなり不安でした。駐車場には17:30分につくと直ぐに日没になりました。
危なかった。

以上、なかなか良い登山でした。
で、こうやってデジカメで撮った画像を見ると、やはり生で見たときの情景は再現できておらず、プロのカメラマンはやはり高度な技術保有者なんですね。
まあ、自分には1眼レフを持っていくほどの気力はありませんが。

この後、帰りに研究室に寄ってみると、とんでもない出来事が!

|

« 成恵の世界 8 | トップページ | 楽天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/6685423

この記事へのトラックバック一覧です: 月山:

« 成恵の世界 8 | トップページ | 楽天 »