« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

黄教授関連

ここ一週間の動きをまとめてみると

22日 MBC「PD手帳」放映
23日 黄教授チーム関係者、研究員2人が2年前の卵子寄贈を報告
24日 記者会見、黄教授「知っていた」→全ての兼職の辞職声明
25日 MBCに抗議殺到
26日 MBC、歪曲報道を謝罪せよとファンクラブがデモ
27日 ノ大統領「スポンサーがMBC報道のために広告取り消しは行き過ぎ」

韓国全体が注目しているでしょう。韓国では韓国初のノーベル賞かと大々的に賞されてましたから。
韓国ではMBCが国益を考えて報道したのに対して、それは国益に反するという意見が圧倒的のようですが、それは的外れでしょう。疑惑を隠して輝かしい一面だけを世界に宣伝するということ自体、刹那的な名声に流されて自分で自分の首を締める行為です。
 黄教授は卵子を提供したのが同じ研究室の部下だったということを知っていたことが第一の失敗、その疑惑が出たときに「提供はなかった」と偽ってしまったことが第二の失敗でしょう。その後の弁明は全て極めて苦しいです。
この状況で自発的な提供だったといっても素直に信じる気にはなれません。
MBC報道の主張とも食い違いがまだあるように思えます。

世界のトップを走らねばという焦りと自国民からの過度の期待のプレッシャー、
倫理規定と手続きが完備されていなかったために起こった事件、といえばゴシップ記事並の結論ですがこんなところではないかな。

黄教授「作業を遅らせてでも国際的な水準に合わせていれば・・・」

今のところ法的違反をしたという話は出ていないので、法的リスクがあるわけではないでしょうが、この倫理的整備が整うまで研究は足止めでしょうね。
ES細胞の研究はどうなるのか?
黄教授は扉を大きく開けた。
身辺が落ち着いて再起した彼が再びリードするのか、米国が横からトップをかっさらうのか。
今後の動きに注目です。
そういえば日本では鹿児島大がクローンミニ豚を誕生させ、その名も「ソニン」って、また一悶着ありそうな名前に・・・

ノ大統領の
>「批判を許さない画一主義が圧倒する時、人間はいつも恥ずかしい歴史を残す」。
>「お互いに違う考え方が受け入れられ、けん制と均衡を成し遂げる時、常識が通じる社会が形成される」

というのは的を得ている発言でしょう。
まあついでに親日反民族行為者財産還収特別法という近年まれに見る時代に逆行した法を振り返ってみた方が良いんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

山下毅雄さん死去

<訃報>山下毅雄さん75歳=作・編曲家

ルパンだけでなく大岡越前もだったのか・・・
ご冥福をお祈りします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

天上天下 14巻

鉄人がなかなかいいです。
最後まで強い悪役らしい悪役でした。ラスボスの過去も少し出てきたし。
2千年砂鉄を飲みつづけたから刀でも傷一つつけられない。さすがです。
どうやって龍の眼を移植したんだろう・・・

というかラスボス死んでしまいましたよ?
これで15巻はエピローグでしょうが、どういう風に終わらせるんだろう・・・。

極上生徒会ベストアルバム
やはりOPと中国米ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本15位

FIFAランク、日本は15位に浮上

最近のパッとしない試合でどうやって上がったんだろう・・・
アンゴラ戦でももう2点くらい入れて欲しかったけど、何はともあれヨシ。
ドイツが落ちてきたんですか。
イランと韓国はずいぶん落ちた模様。
まあ、本番の大会はランキングじゃないので、エンジンかける意味で来年早々でも強いところと当たっておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

カンフーハッスル

あらすじ
「少林サッカー」を凌ぐ超攻撃型アクション・エンタテインメント!

 面白かったのは「意外性」です。
主人公がカツアゲに失敗して街のみんなに「文句のあるヤツは出て来い」というシーン。
ここら辺で主人公の肝っ玉の小さいこと。

大家のおばさんはお約束としても、斧頭会と戦った三人。オカマと竿竹使いが登場したあたり、自分的にはかなり好みです。 斧頭会の刺客が夜歩く一人目の強者を琴の音に乗ってスパッと狩るシーンはいいですね。ちゃんと強いし憎たらしい。殺し屋はこうでなくちゃ。
 ラスボスは、そもそもなんでこんなヤツが牢に閉じ込められてたんだろうとか思ったのですが、思ったら負けなので思いませんでした。
ガマの突進シーンは音楽の使い方がいいです。当たると痛そうです。

 ということで、前作同様に完全ギャグ映画を期待して見たんですが、シリアスやら暴力やらも多分に含まれているのでイメージと違ったというのが第一印象でした。

 特に舞台設定上、斧頭会の刺客との対決部分とかシリアスの部分が多くなっていて、どちらかというとかつてのジャッキー・チェンとかサモハン・キンポーらの時代のカンフーアクションモノに近いと思いました。ただ、ギャグが中途半端なので全体としてどっち付かずの感じでした。ナイフのギャグシーンは、生理的にウッと来るのと笑えるのの両方です。かつてチャンバラトリオがフランス公演でハリセンで叩くと客が総引きしたとか、あの気持ちがちょっと分かりました。
カンフーシーンと派手なCGをもっと増やしてほしかったですね。やはりみんなそれを期待してたでしょうから。

それにしても中国映画のカンフーバトルは、敵も倒れて砂まみれになってリアルで好きです。
あのラスボスのセコい手とかも含めて、人間対人間のリアルな戦いという感じがします。
最近のマトリックスみたいなスタイリッシュアクションは、何やら賑やかで格好よいですリアルには感じられません。
そういえば、クリムゾンリバー2のチンピラと刑事の殴り合いはマジリアルな感じがえらくして良かったな。

結論:次は「少林オリンピック」で是非

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

日本 1-0 アンゴラ

ルマンでのプレー実践した松井/親善試合

なんとか最後、松井が決めて勝ちました。
>「率直にうれしい。でも最後にぼくが触っただけ。みんなに感謝している」
画像のブーンが全然楽しくなさそうなんですが、いいヘッドでした。

やはり毎度ながら前半立ち上がり、あの再三のチャンスで先制点をあげることが出来ず
最後までしまりのない試合運びが続いたように思えます。
途中で一度、実験再開にもどったので全部はみてませんが。
 アンゴラは、これで良くナイジェリアに勝ったなと思わせるような内容でしたが、日本もそれに合わせてしまったからイマイチ緊張感がありませんでした。
 コンフェデ杯のあの日本、プリーズカムバックですね。

それはそうと今日、久しぶりに自分のサンプルで実験できました・・・

サッカー:日本、アンゴラにようやく1点勝利
>アンゴラ・ゴンサルベス監督 (略)日本には良い面も悪い面もあったが、・・・
ハハハ、この初出場め

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年11月14日 (月)

松島

先週土曜、今年で3回目の松島の島巡りにいきました。
先々週から約10日間滞在した復旦大学のPhDの学生とロシア人研究者と研究室学生との4人です。

kamome金曜夜の雨が上がり、人は結構きてました。
さすが日本三景。
松島の初めての2人には好評でした。鳥が。
後で2人にどうだったかと聞くと鳥の良い写真が取れたと。
いや、クルーズのメインは島のハズ。

その後、奥松島で日の入りをデジカメに収めた後、市内に帰って晩御飯は国分町の焼き鳥屋で (゚д゚)ウマー。
鳥最高。

で、「そういえば鳥インフルエンザが深刻だよね」とかいう話を酒を飲みながら店内で英語で普通に話してるとき、外国語って便利だなと思いました。
焼き鳥に関しては、中国にもあるとのこと。
ロシアは焼き物といえばBBQのローストくらいらしい。屋台の説明をしてもイメージが沸き難かったのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

人のDNAを持つ木~HOTWIRED

故人のDNAを含む木を「生きた墓標」に

>「生きた墓標」を作るプロセスは、価格の割には実はかなりシンプルだ。
>遺体から皮膚のサンプルを採取し、DNAをサイレント突然変異として木の
>1つの細胞に保存する。次にこの細胞を、植えられる大きさになるまで育てる。
>こうすれば、この細胞から育った木のすべての細胞には、元の細胞に注入された
>DNAの持ち主の遺伝情報が含まれるはずだ。

グレンとヤトマー吹いた。

そもそも、故人を偲びたいからという理由で植物に遺伝子を注入するのは良いのか?ということ自体には議論がないところがアメリカ的です。
愛護団体は動物専門だから植物はスルーだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

デモ展示会 ~「光の不思議」

昨日、世界物理年2005企画行事の一つで、昨日、
hikarinohusigi光の不思議」~体験と講演~
で巨大ファラデー回転のデモと光の三原色で遊ぼう回路の体験制作コーナーの手伝いに行ってきました。
完成品はお土産ということで、なかなか回路作りが好評でした。
講演会は、私はブースで留守番してましたが、回折シートで遊んだり蛍の光をビーカーの中で作ってみたりと面白そうなことをやってました。

会場の外では東北大の学園祭最終日でたくさん人が来てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

紅葉

toshokan 研究所の図書館が紅葉してました。
FF6のクライマックスの「瓦礫の塔」並に。

どうも今年の紅葉は例年に比べると良くないらしいです。
9月入って冷え込みがあまりなかったからじゃないでしょうか。
逆に言うと時期がおくれるのでもう少し時間的余裕があるかもしれません。

欲を言えば、あと一度、紅葉登山をやりたいところです。
ところが明日は雨だし、東北大学川内キャンパスで「光の不思議~体験と講演」で予備係りで待機なのでまあいいやと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDDの耐衝撃性能の検証記事 ~PC Watch~

アイ・オーの耐衝撃HDD「HDP-U」を試す
  多分、中にも耐久材を使ってるんじゃないかと思うのですが、そうするとこの拡張耐久キットを単体で商品にした方がいいんじゃん?
それにしても、耐久実験の映像はどれもありそうなケースなのですがさりげなくえげつないw。
>踏んで縛って叩いて
>蹴ってじらして吊るして
>でもそれってボクの「愛」なの()
  てな感じでしょうが、これからもHDDが軽量化モバイル化していくにつれて
「いつも使うものなんだから自動車に轢かれても耐えられるくらいでなければ実用性がない」とか「洗濯機で服と一緒に洗ったくらいでデータが消えるようじゃ耐久性が信用できない」とか、ユーザーはどんどんサディスティックな要求をしていくことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

レイジ34フン

あらすじ
ケイトはロンドンの地下鉄駅で最終電車に乗り遅れてしまった。
どうしようかと考えていると、そこに無人の電車が停車する。
ケイトはその電車に乗るが・・・

というスプラッタ・ホラーです。イギリスでロングヒットを記録し「地下鉄に乗りたくない」という観客もいたとのこと。

ハズレでした。かつて異常犯罪捜査官というB級映画を観たことがありましたが、あれに劣らずダメダメでした。
何故これがヒットしたんだろう。イギリスの国産(ドイツと合作)ホラーだったから?
 まあ、それはともかく、不可解なシーンがずっと目に付きました。ケイトが敵を倒す機会は確実に何度もあったのに、何故かただひたすら逃げ出すばっかりだったし。
しかもあの敵なら最初の対決のときにケリをつけられたハズ。
 また、敵の出生の秘密のカギを握る手術室が出てきますが、なんで手術室が地下鉄の下にあるのか?とか、
ついでに手術室なら武器になるモノがあるんだからそこで立てこもって応戦すればいいのに、とか。
映画を面白くするための小道具は登場してるんですが、ただ登場してるだけで、全部中途半端な使い方で終わってしまっていたので何だかなあ、という感じでした。
 あの敵の設定は設定として、もっと知能的にするとか、複数にするとか、色々やり様があったんじゃないかと思います。
 冒頭シーンだけはホラーらしかったんですが。

結論:これは罠ね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Only Place

沢城みゆきのONLY PLACEがいいというので極上生徒会のサントラを買ってみました。
爽やかでいい曲です。
長時間ドライブとか実験徹夜明けとか論文締め切り直前にピッタリの曲です。

しかしなぜ中国米?
ことあるごとに中国米中国米と連呼して、米の宣伝なのか?
まあ気に入ったからいいや。
公式ページを見てみても特に中国キャラという設定はないようだし。

で、良く聞いていると実は「中国米、16枚」じゃないかとも思ったのですが、
結局、歌詞を見ると全然ちがいました。
そにしても沢城みゆき、なんでこの年でこんなババくさい演技ができるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

2?

The mystery of the eye
ハリケーン・ウィルマの目に”2”という数字が現れたというニュースらしいです。
2だ。
2です。
みごとに2ですね。
こんなに大きな2は初めてです。
史上最大の2かもしれません。
昔からスレッドのレスの流れを決めるのは>>2と言われていますが、まさに2は台風の目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

楽天

三木谷氏 楽天オーナー退任も
野球にかなりの興味があるわけではないのですが、結局、堀江氏との新規参入合戦はなんだったんでしょう。
>長期化の様相を呈するTBS問題などの本社業務に専念するため
らしいですが、本社の業務が忙しいから退任というくらいの意気込みなら初めからオーナーなどするべきではなかったんじゃないかという気もします。

相変わらず、プロ野球というのは現状として企業のマネーゲームの付随物という感がぬぐえませんが、
もし社長がいっそのことスパっとやめてサプライズ人事で宮城県知事がオーナーになったりしたら、結果として地域密着型が加速するかもしれないので、良いことなのかもしれません。

ネットメディア企業のテレビ局の買収自体は悪いとは思わないのですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »