« あだたら高原 | トップページ | 山形蔵王 »

2006年2月23日 (木)

海自の暗号・戦闘訓練評価などの重要機密データ流出 <毎日>

海自機密データ:「極秘」暗号書類などネット上に流出

またwinnyのウィルスですか。

>また、「極秘」と記された、非常用暗号書や乱数表などの書類の名称と
>整理番号をまとめた「暗号書表一覧表」があった。数字を羅列した
>「側方観測換字表」や、自衛艦のコールサインをまとめた表は「秘」となっていた。

・・・、これで海自は無効化になってしまいましたね。
海自の暗号・戦闘能力も世界共通となってしまいました。

>▽軍事アナリストの小川和久さんの話 ここまでまとまった資料は
>トップシークレットと言える。他国の情報機関やテロ組織にとっては
>宝の山の資料だ。内通者をつくったり、なりすましを許しかねない。
>特に船舶追跡記録は、作戦能力が分かる可能性もあり、まずいのではないか。
>海自は直ちに対応しなければならない。

もう遅いでしょう・・・。
というか、内通者がいれば内部情報はいつでも暴露できるという時代になったんですね。逆に言うと全ての国からの軍事機密が全世界の共通認識になったら返って戦争が
おきにくくなるのかなとか思ったり・・・、どう考えてもなりませんね。

中国・韓国・特に北朝鮮にはもう海自の能力を全部把握されたと考えるべきでしょう。
これで「まだ大丈夫だろう」と思ってるようだと終わりです。
アメリカが最新鋭戦闘機ラプターの日本輸出を検討していたようですが()、こんな状況で機密性を考えたらこれも取り消しになる恐れも十分あるんじゃないかと。

よくよく考えるとかなりすごいニュースです。

|

« あだたら高原 | トップページ | 山形蔵王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/8796344

この記事へのトラックバック一覧です: 海自の暗号・戦闘訓練評価などの重要機密データ流出 <毎日>:

« あだたら高原 | トップページ | 山形蔵王 »