« 日亜、LED特許権を放棄 | トップページ | St. mary »

2006年2月11日 (土)

日本2 - 3アメリカ

前半の日本は動きが硬く連携も悪かったです。2失点・・・。
最悪のときの日本のプレーが出てます。
なんというか、デパートでシュドナイに出くわしたときのマジョリー・ドー。
寒いのとスリッピーな下のせいでしょうが、スピードで負けてます。アメリカのFWが日本のDFにマークしてミスを狙ってる状態だし。
とりあえず川口だけが光ってます。小野が機能できてない中盤。
久保イラネ。
後半は日本らしい動きとプレーが出来てきたんじゃないでしょうか。序盤にCKから1失点でしたが、少しずつ流れが傾いてきてマキと中沢の2点。
ニッポンコールもようやく出てきました。

多分、アメリカは仮想オーストラリアでしょう。
始めから後半の戦いっぷりだったら良かったんですが、前半は今年初国際マッチということでエンジンが掛かってなかったのかも()。

2月の親善マッチは、18日にフィンランド戦、28日のボスニア・ヘルツゴビナ戦がありますが、がんばってほしいです。

|

« 日亜、LED特許権を放棄 | トップページ | St. mary »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/8606043

この記事へのトラックバック一覧です: 日本2 - 3アメリカ:

« 日亜、LED特許権を放棄 | トップページ | St. mary »