« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

青二塾パンフレット内「青二塾卒業生座談会」での金田朋子が大人しい件について<ウォッチ!声優板>

青二塾パンフレット内「青二塾卒業生座談会」での金田朋子が大人しい件について

そこはかとなく金朋先生のパワーを拝見しました。
ジワジワやってきますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

24時間で記憶がなくなるエンジニア<スラッシュドット>

24時間で記憶を失う男が作り続ける謎の電子機械

交通事故で記憶が一日しかもたなくなってしまったエンジニアが作り出す電子機器の話です。
記事によると、この人が作成した機器がアート展示会として5/7まで代官山で開かれているとのことで、私も行ってみたいです。

そういえば、自分も酒を飲んで考えているときに閃いたアイデアを次の日の朝、
アイデアを思いついたという事自体を忘れるなんて事はよくありますが、
日常的にそうなってしまったら確かにキツいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月23日 (日)

みなとみらい21大道芸

昨日と今日、みなとみらい21大道芸 2006が開催されました。
ということで私もヨコハマ大道芸を観に行きました。
会場はみなとみらい21、関内場車道、イセザキ、吉田町と別れていて、
今日行って来たのは、みなとみらい21会場です。
家族連れやら多くの人が観に来ていました。
BigoMeguroJamesChugokuZatugi 

左から順に、MJ COOL with DJビゴー!!!さん、目黒陽介さん、Jamesさん、中国雑技芸術団の方々、です。
みなさん一流のプロの方で、レベルの高い技を披露してくれました。
雑技団さんのホームページでCM見て笑ってしまいました。人間技じゃねーW。4枚目、たぶん喬瑞静さんだと思うのですが、よく見るとありえない方向に体が曲がってたりするんですよね。
私が見たのはみなとみらい21会場でもほんの一部で、その他にも観に行きたいところはたくさんありました。
昨日から来るべきだったと後悔。
吉田町のパレードは見たかった・・・
来年はぜひ他にも色々見て回りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

調査船撤収<毎日>

今週から実験開始。
本格的に仕事が始まってきました。
実験をやってて困るのは終電があるということですね。
セキュリティが厳しいので実験室に泊まるわけにもいかず(できるけど)、24時代の終電で早々に切り上げないといけません。

もうひとつ、考えないといけないことがあります。
昼食夕食は、駅まで行けばモールがありますが、一人で食べに行くのもなんだし、時間をかけたくない
ということもあり、毎日弁当を作ることに。
そこで困ることは、メシのネタです。
すでにレパートリーが尽きてしまいましたよ・・・
ということで弁当サイトなどを参考にしつつ(ほとんどその時間もありませんが)、やろうかと。

今日は車で周辺探索。だいたい分かりました。
田園都市線の周りは起伏が激しくて上から地図で見るのと実際には知るのとでは大違い。
坂を上り下りしているうちにそっちのほうに意識が撮られて曲がり地点を見過ごしたり。

だらだらと前置きスミマセン。

<オンラインニュースより>

竹島問題:日韓交渉妥結 海洋調査中止、韓国名提起せず
さて、ここ一週間、ニュースを騒がしていた事件ですがひとまず収束しました。

事の発端は韓国が6月の国際会議IHOで竹島周辺水域の韓国名を登録しようとしていることを日本側が察知したことに始まりました。
これに対して日本政府はEEZに調査船を送ると決定し、実際に東京から科学調査船を山陰鳥取に向けて出向させました。
これは「本気でやるぞ」という示威的行為でしょう。
 その後の経緯を見ると、おそらく韓国政府は日本がまさか実力行為に出てくるとは予想してなかったんじゃないかと思います。
 竹島問題=100年前の植民地化の象徴と見る韓国国内では強硬論が吹きまくりました。国会は強硬路線の継続を確認し、日本の調査船を物理的に拿捕するという方針に発展。
 おそらく韓国はここにきて初めて海自との現実の戦闘を想定したんだと思います。さらに感情論で突っ走ったと。一方で、マスコミは強硬路線の有効性や実際の戦闘におけるシミュレーション(韓国軍の甚大な被害)も議論していたようです。ノ政府は多分してないだろうな。

4/21、韓国は「制紛争解決手続きの排除」を宣言し、

>これにより、国際司法裁判所、国際海洋法裁判所、仲裁裁判所、特別仲裁裁判所の
>いずれにおいても、韓国が、海洋境界区画設定、軍事活動、海洋科学調査及び漁業に
>関する法の執行活動、国連安全保障理事会の権限遂行に関する紛争によって
>提訴される可能性はなくなった。

となりました。
これにより、日本の調査船が拿捕されて日本が国連に提訴しても韓国はスルーしてよいことになりました
こんなのアリかとは思うのですが、これは逆に言うと、(まずありえないことですが、)日本が竹島海域に海自を送って武力で奪還したとしても、すでに韓国は国際社会に提訴する資格を放棄しており「自力で解決」しなければならなくなるという状態になったということでもあるのでは。
実際にこんなことはやるとは思えませんが、この排除宣言は「日本からは竹島に手を出してこない」ということを前提にした、韓国にとっては自分の首を絞めるというより向こう見ずな策なんじゃないかと個人的に思います。
 外務省の谷内正太郎事務次官はこの一触即発の事態に、韓国の柳明桓・第1外務次官と会談(外務省の独断専行くさい)。柳サイドははじめから譲歩の余地はないとして6月の韓国名提唱に変更はせずとの強行路線です。
今日、昼ごろに一度「交渉は決裂」という速報があったので、これは実際に韓国側が交渉を打ち切ったんだと思います。それでも日本が粘り強く食い下がり、再交渉がスタート(と予想)。
それでさっき、最終的に韓国が「とりあえず6月は地名提唱しない」とするかわりに日本は「調査船を引き上げる」ということで合意。
柳氏も「6月の地名提唱は公式じゃない」というので「譲歩した」と非難されることのない逃げ道を残された格好です。
 まあ、また5月の交渉で紛糾するんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

元Mナルド店長だけどなんか質問ある?<ニャー速>

元Mナルド店長だけどなんか質問ある?

微妙な質問にまでまじめに答えてくれてます。
ポテトを塩抜きで頼むと出来立てが食べられるのは知らなかった。
ひとつ利口になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

おこぜの唐揚

おこぜは高級魚です。
今までよく知りませんでしたが、東急で一匹2000円以上もしていたので高級魚です。
そこで、とりあえず買っては見たものの、この魚に関する図解説付のレシピサイトがこれといって見当たりません。
なので、調理の仕方が分からなくて焦りました。
おまけに、背びれに毒があるとのことなので、かなりゲンナリしてきました。

で、調べていると、おこぜの代表的な食べ方は姿作りか唐揚がメジャーのようです。
今回はパックに刺身用と書いていなかったので唐揚でいくことに決定。
以下の調理の仕方は、多分これでいいだろうという感じでやってますので、間違っているかもしれません。

Kasagoiti おこぜです。ガボラに似てなくもないです。
背びれの毒のあたりはさすがに売る前に処理されてます。
エラを取り、肝を傷つけないように腹を切って肝を取り出します。
肝はあとで別のことに使います。

Kasagoni キッチンペーパーで水気をよく取って片栗粉をまぶします。
背中と腹の切り目にもしっかりまぶしたら、
はたいて余分な粉を落とします。

Kasagosan 鍋に油を熱して揚げていきます。
揚げ物の適正な温度がよく分からいので、
中~高温にしときました。

Kasagosi 背中のほうは油をお玉で上からかけます。
コ レ が や り た か っ た。
プロみてーですよ?

Kasagoroku さらにかける。
油をかけてると色が変わってきます。
これが面白い。

Kasagohati アーンドかける。
楽しいです。

Kasagoku絶好調かける。
あまり火を通しすぎてもパサパサニなりそうなのでもうやめときます。
油のはねる音がしなくなったあたりで火を止めました。

Kasagoowari できあがり。
尻尾は曲がってしまいました。
でもこれが2 0 0 0 円 の 唐 揚です。

Kasagomeshi (゚Д゚)ウマー!!

おこぜの皮がカリッ、淡白な味がもふっ。
おこぜはカリもふが一番!

今回は塩でいただきました。
塩だけで、ご飯二杯はいけました。
もしおこぜを食べるときは、一度は塩だけでいってください。

さて、内臓ですが、肝・卵・胃袋は湯がしてポン酢がよいらしいので、そうしました。
こっちはウマーなのは食感かな。味は特になし。
湯がきすぎたのかもしれません。
しかし、胃の中から消化未満の小魚が出てきたので、十分通さないと怖くて食べれません。
胃袋はホルモンの食感に似てました。結構いけます。
次は刺身用のやつを買ってきて刺身でいってみたいですね。

スミマセン、ウソついてました。正直言うとタイムセールで半額だったので1000円ちょいですorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

安全講習

今日、大学でクリーンルーム使用のための講習会がありました。
大学とは思えないほどの本格的なもので3時間使って説明がありました。
思い返せば、KEKの放射線講習も2日くらい(1日だったかも)あり、重要な施設には管理面で徹底がなされています。
 たしかにクラス1の施設ならそれくらいは必要でしょう。むしろ3時間では足らないのかも。
その代わり、年間の維持費が大変なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸の花嫁9

また変なキャラが出てきました。
ギャグが冴えてきました。特に修羅場とか。

それにしてもドラマCDが気になりました。
瀬戸燦:田中理恵
巻:斉藤千和
委員長:後藤沙緒里

くっ・・・、田中理恵が出てたのか!

<オンラインニュースより>
アマゾンに2億円の本が登場
すごすぎです。誰か試しに買ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

竹原の相談室が面白すぎる件<ニャー速>

竹原の相談室が面白すぎる件

ひどい・・・w
ホントにボコボコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

箱根の山でワンセグ

箱根の山でもワンセグ放送は受信できるか

神奈川といえば箱根。
箱根といえば温泉。
ということで、いきたいと思いつつ、まだ仕事にもなれないし周辺探査も全然済んでないので何時になったらいけるのか・・・
しかもまだナンバー変更できていません。
そして神奈川ドライバーは他県ドライバーに冷たい現実。

さて、記事によると地上波デジタルでも受信できないところでもワンセグなら可能だったりと、かなり強力みたいです。
受信画像を見ると、モザイクがかかっているので空気を読まなければなりませんが、アナログとの差は歴然です。
 日帰りドライブで渋滞に捕まってしまった時などに威力を発揮しますね。

ただ、日中に面白い番組も特にないという事実。

<オンラインニュースより>
めぐみさん夫は拉致韓国人…韓国政府の対応に注目集まる

ノ政権の北朝鮮への甘さは筋金入りです。
A新聞社の韓国ヘのそれと同じかそれ以上のレベル。
他国のことながらダメだろと突っ込みたくなります。
日本でも「北朝鮮がないというから拉致はない」と突っぱねてきた社民党は今や自分で絶滅危惧種と言わなければならないほどにまで衰退してます。
同じ民族という特別な感情があるのは分かりますが、それで切り捨てられた
国民はいつまでもそんな政権をを信じられはしないでしょう。

自国民が400人強の人が拉致をされているにもかかわらず、

>そして「さらにひどいのは、日本政府からキム・チョルジュン氏が金英男さんの
>可能性が高いという話を聞き韓国政府に知らせたが、政府は極秘にするようにと
>だけ頼んだのです」と言う(同・朝鮮日報)。

というような対応。
本当に「北朝鮮に物言えぬ政府」だなぁと。
そしてこの拉致という人権問題解決から逃げ続けている以上、潘長官に世界の秩序を率先する国連事務総長に立候補する資格はないでしょう。

今回は、自国の拉致問題について外国(日本)が外から事実をつきつける格好となりました。
今後どうなるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

タイムマシン

あらすじ
恋人を失ったアレックスは過去を変えようと未来に行って新しい恋人を作る。

( ゚д゚)ポカーン

超 展 開

というか、モーロックを根絶って鬼ですか。
原作者(=監督の爺さん)は泣いてるぞw。

とまあ置いといて、タイムマシンは今となっては厳密にはSFには入らなくなり「SFの原点」という位置になっていると聞いたことがあります。
多分、タイムパラドックスが解決されない以上、理論的に不可能な時間旅行は科学とそぐわないと考えられるようになったからでしょう。

 小説自体がとてもヒットして、原作のオチで満足できなかった作家たちが、エロイ族の運命が可哀想だと色々な続編が生まれました。
その中でイギリスの本家から「正当な続編」と認められたのが、S・バクスターの「タイムシップ」です。
彼はサウサンプトン大学の工学博士号を持っていて、えらいスケールが大きい、本格的ハードSFが本領の作家です。
 話が脱線してしまいますが、個人的には日本のSF作家にも、最低限、理学工学の修士を取っている人がどんどん出てくるべきだと思ってます。
やっぱり大学でサイエンスなりエンジニアなりを専攻して知識と考え方を身に付けた人が面白いのを書かなければ、国産SF(というよりSFアニメ)は盛り上がらないでしょう。
 話を元に戻して、この「タイムシップ」は、映画だと野蛮サルとしか思えないモーロックが知的存在になっていて、その中の一人ネポジプフェルがアレックスと一緒に時間の旅をします。
ネポがまたイイヤツで、アレックス以上に冷静で論理的な視点で物事を判断し、むしろアレックスが野蛮人に見えるくらいです。
 そして、二人はまた世界を変えまくりながら超未来から超過去まで、挙句の果ては・・・、まあ言うまい。超未来太陽系の描写や、時間を越えた第一次世界大戦やら、濃い世界と深いストーリーになってます。
読んでて、最後、どう収拾付けるんだろうか、とか心配しましたが。
 また、時間旅行の矛盾点を量子力学的考察から検証している点も面白いです。まあ、この人が今のパラレルワールド説の原点じゃないかと思います。

ということで、どうせならタイムシップを映画化してほしかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

つくば市、「風車が回らない」と早大を提訴

「風車が回らず発電しない」、つくば市が早大を提訴
10年過ごした地とはいえ、情けない。
大学のベンチャー化がこれから加速されていく状況で負の金字塔になるかも。

この問題は風力発電と子育て日記さんのブログが詳しく説明してくれています。

引用させていただくと、
>その挙句市長が「あまり動いてなかったので、いつになったら動くんだろうと
>素朴な疑問を持っていた。まさかそんなに低いとは思ってなかった」、とか、

ワロタw。いやいや笑えない。
ですが、市長は企画立案・事業選定の行われたよりも後のH16年末に当選していて、かかわっては無いようです。
「風車=環境にやさしい=子供の教育になる」と安易に考えていたのが、想像以上に稼動しないので驚いた、という感じでしょうか。

この件について実は良く知らなかったので勉強させてもらいました。
上記のブログの記事によると、もともと実体の無い選定委員に問題があるように思えます。

・選定委員長兼つくば市助役と早稲田大の教授が知り合いだった。
・委員が選定した風車メーカーは早大教授から技術移転を受けていて、そのロイヤリティは早大もしくは教授に支払われる
・委員のメンバーには選定された風車機種に関わり深い日本工業大学の人物が選ばれている。
・委員7人の中で風車技術に詳しいメンバーは二人だけ(上の二人?)で後は素人。

ついでに、他にも
・風車設置を5本の工事に分けていて、(多分)落札した企業にはJV(共同企業体)を組ませている
・請負比率比率は97%以上
ここらへんは良く分かりませんが、私は、工事分担を増やし、多くの企業が関われるようにして、
利益が極力出るようにしている、というあたりの意味と受け取りました。

今回、やっと具体的に問題点が見えてきました。
私の解釈は間違っているかもしれないので、その点はご自分でも確認してみてください。
中国の地方都市役人並みの癒着です。
そして隠そうとすらしないレベルの低さ。

一番の問題は立案者に風車設置の具体的な稼動・採算見込みを考えなかった、というより考ることが出来なかった点だと思います。
風車を立てれば風が吹く、と期待したのかもしれません。

ちなみに、設置費用のうち2億近くが環境省から国の税金で補助金を出しているので、つくば市だけの問題ではなくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

ネコミミ新幹線・車両を公開

屋根から「猫耳」、ミニ新幹線の新型試験車両公開

よく見ればコウモリに似てなくもないですが、ネコです。
そういえば、ナイトライダーのスーパー追跡モードを解除する緊急ブレーキシステムを思い出します。
もしニックネームを募集したら、「スーパーネコミミモード」に一票。
いいや、それしかないハズ。
緊急ネコミミシステムなんかじゃ世界のアニヲタ鉄道ヲタに申し訳ないし。

<オンラインニュースより>
留守の民家で1カ月、キャベツ千切り中に家主が帰宅…
>先月30日夕に女性が帰宅した際、台所で包丁を手にした男と鉢合わせになった。
>男はキャベツを千切りにしていただけで、女性に危害は加えず逃走。
>炊きあがったご飯が残っていたという。

>逃走後、男は銚子署に「死にたい」などと電話。

炊き上がったご飯のためにも更生してイ㌔と言いたい。

安倍発言批判 論点すり替えはやめよう
いつもの愛のキャッチボールが始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

仕事スタート

先日、デスクトップPCが起動しなくなり、先生オススメを発注。

さて、今日が次の仕事場の初出勤ということで大学に辞令をもらいに行ってきました。
「辞令は特にありません」
そうですか・・・

そこから1時間かけて南町田の仕事場へ。
研究テーマを話し合い、第一日目は終了。

どうも、この近くにはメシ屋がありません。
本格的に弁当を作らないといけないなあ。

<オンラインンニュースより>
●アニメ新番組ラッシュ
神奈川なのに・・・テレビが無い・・・。
これでは仕事を移した意味がありません。

来なかった“4月1日”……自殺予告がみごとな空振りに終わる
あの3月32日はそういうことだったのか。
さすがだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »