« つくば市、「風車が回らない」と早大を提訴 | トップページ | 箱根の山でワンセグ »

2006年4月 9日 (日)

タイムマシン

あらすじ
恋人を失ったアレックスは過去を変えようと未来に行って新しい恋人を作る。

( ゚д゚)ポカーン

超 展 開

というか、モーロックを根絶って鬼ですか。
原作者(=監督の爺さん)は泣いてるぞw。

とまあ置いといて、タイムマシンは今となっては厳密にはSFには入らなくなり「SFの原点」という位置になっていると聞いたことがあります。
多分、タイムパラドックスが解決されない以上、理論的に不可能な時間旅行は科学とそぐわないと考えられるようになったからでしょう。

 小説自体がとてもヒットして、原作のオチで満足できなかった作家たちが、エロイ族の運命が可哀想だと色々な続編が生まれました。
その中でイギリスの本家から「正当な続編」と認められたのが、S・バクスターの「タイムシップ」です。
彼はサウサンプトン大学の工学博士号を持っていて、えらいスケールが大きい、本格的ハードSFが本領の作家です。
 話が脱線してしまいますが、個人的には日本のSF作家にも、最低限、理学工学の修士を取っている人がどんどん出てくるべきだと思ってます。
やっぱり大学でサイエンスなりエンジニアなりを専攻して知識と考え方を身に付けた人が面白いのを書かなければ、国産SF(というよりSFアニメ)は盛り上がらないでしょう。
 話を元に戻して、この「タイムシップ」は、映画だと野蛮サルとしか思えないモーロックが知的存在になっていて、その中の一人ネポジプフェルがアレックスと一緒に時間の旅をします。
ネポがまたイイヤツで、アレックス以上に冷静で論理的な視点で物事を判断し、むしろアレックスが野蛮人に見えるくらいです。
 そして、二人はまた世界を変えまくりながら超未来から超過去まで、挙句の果ては・・・、まあ言うまい。超未来太陽系の描写や、時間を越えた第一次世界大戦やら、濃い世界と深いストーリーになってます。
読んでて、最後、どう収拾付けるんだろうか、とか心配しましたが。
 また、時間旅行の矛盾点を量子力学的考察から検証している点も面白いです。まあ、この人が今のパラレルワールド説の原点じゃないかと思います。

ということで、どうせならタイムシップを映画化してほしかった・・・

|

« つくば市、「風車が回らない」と早大を提訴 | トップページ | 箱根の山でワンセグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/9513318

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシン:

« つくば市、「風車が回らない」と早大を提訴 | トップページ | 箱根の山でワンセグ »