« 日本 1-2 ブルガリア | トップページ | マジでタイムマシン発明したww(ニャー速) »

2006年5月 9日 (火)

鹿児島遊覧その1

先週のGWに九州南部に行ってきました。
題して「鹿児島で砂風呂入って黒豚食って熊本で阿蘇山見ながら馬食おうツアー」。

 ということで連休の後半、混むのは分かってましたが、九州に行くならGWということで、3日夜に羽田からANAに乗りました。
 さて、鹿児島を回る交通手段についてですが、結果から言うと、レンタカーがベストでしょう。
 鹿児島には観光地が点在していていますが、電車もそれほど多いわけではないので、時間を考えると車の方が目的地と時間設定を自由に変更できるからです。
 ということで、初日の夜に空港で車を借り、町外れのビジネスホテルで初日終了。
黒鯛とマグロ胃袋の刺身をつまみに焼酎を買ってきていっぱいやりました。

5/4
当初のメインパーパスだった桜島に鹿児島湾の東側を通って上陸。空港付近から島までざっと1時間。
Sakuraiti_1 デカいね。Sakurani
これが噴火したんだから当時は凄かっただろうな。
島の周りは溶岩石が景色を作っていて、桜島に来たなという感じがしました。
途中、埋没神社を見て桜島を後にしました。
山頂で軽石を1000円で購入。後にコレが意外な結末に。

さて、桜島を10時台後半に出た後、佐多街道を通って鹿屋航空基地資料館に向かいました。
ここで、ナビが役に立ちました。海岸沿いの佐多街道が混んでいて、横道に入って渋滞を回避。
ナビさま様です。
ここまでで大体昼すぎ。多分、バスだったらもう1-2時間余分にかかってたかもしれません。
Zerosen 資料館にはゼロ戦の実物機があり、また実際に使っていた 救助隊ヘリやら哨戒機(?)やらの展示品の操縦席に座れるのですが、これが楽しい。
操縦席はマンガに出てくるような計器の山でした。
さて、資料館を見学した後で特攻慰霊塔下の公園で昼食。
4時あたりに空港にレンタカーを帰しに行って、高速バスで鹿児島市内にGo。

西郷隆盛の像をみて、穴倉を見てザビエル像を見ていよいよ薩摩の黒豚料理。

忠告:黒豚しゃぶしゃぶは予約してから行くべし。

「本日の受付終了」「申し訳ございませんが(r」「残念ですが(r」 キタコレ
6時くらいに行ったのでは確実にもう遅いですorz。

ということで、せめて薩摩料理でもとまだ席のあった居酒屋料亭に入りました。
そしたら、なんか、黒豚しゃぶしゃぶがあるじゃないですか。
即注文。
ついでにさつま揚げ注文。
結論。
キタ━━【 ゚Д゚】・∀・】´_ゝ`】`Д´】ノД`】=゚ω゚】━━!!!
KicchousanKicchouichiやっと黒豚ですよ!
そして、ダシも(゚Д゚)ウマーで、何より白菜が (゚Д゚)ウマー はビックリ。
白菜、こんな味になるのか !!
黒豚の味は予想していたのですが、この野菜の美味さは完全に予測外でした。
あと、さつま揚げ(左画像奥側)がうまかった 。コレがまた中がフワっとしていていい仕事してました。

ちなみに、満員御礼だった旅行雑誌のトップに出てきそうなしゃぶしゃぶ専門店は4000円ですが、ここは3200円でした。
のきなみ有名店が混んでいたのが幸運に働きました。
ちなみに、後で知ったのですが、このお店の名前は酒仙吉兆庵溶岩焼きが有名と。
頼めばよかった!!Kanran

で、一日目、終了。
の前に、駅ビルの上に観覧車があるのです。
当然乗る。
乗った後で気がつきました。
これが人生、初観覧車。
頂上に行くまで何度引き攣った顔で「止めときゃよかった」と思ったことか。

|

« 日本 1-2 ブルガリア | トップページ | マジでタイムマシン発明したww(ニャー速) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/9996767

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島遊覧その1:

« 日本 1-2 ブルガリア | トップページ | マジでタイムマシン発明したww(ニャー速) »