« MFが決める!? | トップページ | うまい棒のトップは「チーズ」味 »

2006年6月23日 (金)

日本 1-4 ブラジル

日本、ブラジルに1-4で敗戦 決勝T進出ならず
終わってみれば、やっぱりさすがブラジルですね・・・Tokuten_1

前半の先制点は凄いっ!と思いました。
全員の集中力が高かった。川口のナイスセーブも何度もありました。
しかし、終了間際のロナウドによる失点で流れが変わったのかも。

後半たちあがりからピンチを招きましたが、何か集中し切れていない感じがしました。
ジニーニョが決められ、直ぐにジウベウトにも決められて私も沈黙しました。
やはり、得点は難しいということは十分分かっているだけに、同点にされたショックが大きかったのでは・・・

ブラジルは怖さを見せたというより、後半日本が沈んでいきました。
疲れが出てきたのでしょう、後半中盤はさらに運動量が下がり足が止まり始めました。クロアチア戦の疲れも残っているだろうし。
プレーの制度も落ちていった。
今日のジーコは次々にカードを切っていきました。
高原の世界最速(?)交代は痛かった。小野を投入できなくなったし。
これは、ペース配分しないといけなかったのはありますが、追い詰められた日本が2点差以上で勝つには前半でリードするしかなく、あれしかなかったのでは。

逆説的ですが、今日のW杯での大敗しはこの先の日本にとって収穫になると思います。
GL突破の可能性を十分持っていた中で決定力不足に泣きました。
世界中が注目する大会の中で、日本サッカーがもっと先に進むためのために必要な条件をハッキリとした形で認識しました。
日本にとっては呪いみたいなものですね。
これから協会がどうするのかが問われます。これは良いFWが育つのを待つという受身では次のW杯でも同じことを繰り返すでしょう。
 Jリーグの体制を変えなければいけないでしょう。アフリカの身体能力の高い選手をリーグに引っ張って来て多様性を持たせるとか(むろん帰化大歓迎)、得点したら協会が報奨金出す制度とか、みんながMFではなくてFWを、というより点を取れるシュートを打つことを目指すような構造にしないと(やってるのかもしれませんが)。
後は川口キャプテンが厳しくなる。

国家・企業等の4-5年のプロジェクトなどは中間報告までに70-80%くらいの目標値をクリアしておかないと、最終年度に目標を達成できる見込みはほぼゼロです。
下手をすると廃止にされたりします。
4年後に結果を出すには日本は次の2年後、コンフェデ杯までにどれだけ得点能力を上げられているか、が勝負でしょう。

何はともあれお疲れ様です
Nakazawa Namamura Tamada Nakata_2

|

« MFが決める!? | トップページ | うまい棒のトップは「チーズ」味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/10642633

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 1-4 ブラジル:

« MFが決める!? | トップページ | うまい棒のトップは「チーズ」味 »