« W杯開幕直前 | トップページ | 江ノ島散策 »

2006年6月10日 (土)

ドイツ 4-2 コスタリカ

開催国ドイツが初戦を快勝/A組

開幕戦としてふさわしい面白さを持った試合でした。
終わってみれば、ラーム(ド)→ワンチョペ(コ)→ワンチョペ(コ)→クローゼ(ド)→クローゼ(ド)→フリンクス(ド)
と得点シーンが6回も見れました。
ドイツの守備は問題あり。コスタリカはたしかに見てて実力で劣ってましたがワンチョペの足裁きは巧いと思いました。
あと、デカいドイツに対してコンパクトに繋いでいっていたプレースタイルは見てて日本っぽいなと思いました。
途中で攻めあぐねてあまり意味のないサイドチェンジとかも。
3点目を入れられた後、よく立ち直りました。
最後のフリンクスのシュートは、いやーホントすごいなあ。
笑ってしまいました。
早いし曲がるし綺麗だし。
そういえばはじめの惜しいシュートもフリンクスでした。

やはりすごいですドイツ

|

« W杯開幕直前 | トップページ | 江ノ島散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/10461214

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ 4-2 コスタリカ:

« W杯開幕直前 | トップページ | 江ノ島散策 »