« ポルトガル2-0イラン | トップページ | 日本 0-0 クロアチア »

2006年6月18日 (日)

日本、運命のクロアチア戦へ

日本、運命のクロアチア戦へ ブラジルは連勝なるか

日本は加持が復帰、小笠原を起用するようです。
クロアチアはコバチが復帰。
どちらも負けるとGL敗退。
今日引き分けると得失点を含めて、最終戦がオーストラリアであるクロアチアのほうが、ブラジルである日本より、潜在的にリードしています。
やっぱり勝つしかない。
一方でセルジオ越後氏は日本代表に覇気がないと危惧しています。
こちらはかなり気になります。
劣勢で大一番を迎えるというのは日本人にとって苦手なのか(少なくとも私はかなり苦手です)。
そいういうときは最初からガンガン攻めた方が道が開けるんじゃないかと思います。
殴り合いですか。

ジーコがどういう戦術で来るのか。

Eグループは混戦です。
アメリカがイタリアに引き分け。現時点でイタリアがトップですが、どこもまだチャンスがあるので最終戦次第。
伊米戦も退場者が3人出たようで、やはりかなりジャッジは厳しいようです。

|

« ポルトガル2-0イラン | トップページ | 日本 0-0 クロアチア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/10579922

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、運命のクロアチア戦へ :

« ポルトガル2-0イラン | トップページ | 日本 0-0 クロアチア »