« 流れよわが涙、と警官は言った | トップページ | 日本、運命のクロアチア戦へ »

2006年6月18日 (日)

ポルトガル2-0イラン

ポルトガルが決勝トーナメント進出/D組

週末は明日の朝を気にせずWカップを見れますね。

さて、イランは4バックで守りを固めてカウンターと言う、まさにフランス大会のときの日本を思い出させる戦いでした。
ただ、そのかわりに人数をかけた攻撃までに時間がかかるのでなかなかチャンスが生まれなかった。ポルトガルはポルトガルで、あと一歩が出ずに前半終了。

後半、イランは攻守を続けるものの、デコの豪快なミドルシュートで失点。
あのシュートはすごいかった。

ガーナが強豪チェコに快勝/E組

恐るべし。
チェコが一人人数減ったとはいえ、ガーナは面白いように守りを崩しました。
終盤はオフサイドのオンパレードでしたが(すごいオフサイドもあったw)、チェコも二失点でDFが機能をしなくなり、ガーナの速い攻撃の前にオフサイドトラップでしのいでるようでした。
キーパーはどっちも良く凄いナイスな反応をしてました。

個人的にはガーナは抜けて欲しい。
あんなに面白いサッカーはまだ見たい。

今日はいよいよ日本の第二戦。

|

« 流れよわが涙、と警官は言った | トップページ | 日本、運命のクロアチア戦へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/10572371

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル2-0イラン:

« 流れよわが涙、と警官は言った | トップページ | 日本、運命のクロアチア戦へ »