« 京都・大原 | トップページ | 男子ご出産の街頭インタビューに高橋名人が »

2006年9月 5日 (火)

負けたら負けたで面白いオシムジャパン

■われわれは現実からスタートしなければならない <スポーツナビ>

タイトルは私の感想で、負けるのが面白いとか自虐的なものでは決してなくて、インタビューでの監督の分析がいい仕事しているという事です。

>最大の問題は前半15分くらいの間に、奪ったボールをすべてプレゼント
>してしまったことだ。精神的なプレッシャーとか、疲れとか、そういう問題が
>ないところで、持っているボールを簡単に相手に渡してしまった。
>だから私は怒った。

この監督、試合後のインタビューで、まるで評論家のようにズバっと指摘します。
ジーコ、トルシェ、岡田、加茂、と今までにないタイプの監督です。
で、その分析は今の(というより積年の)日本代表の抱える問題を良く突いていると思います。
しかし選手のコンディション、努力なども評価していて、叩くだけでなくしっかりフォローもしてます。
言うことは容赦なく言いますが、性格が優しいんでしょう。
日本代表の長所短所を、よく見抜いてますね。
なんか負けてもこの監督なら日本代表は大丈夫だと安心できる自分がいます。

オシム氏は負けたところから何が学べるかということを強調します。
たしかに、仮に海外組を強制召集してサウジに勝っていたとして勝ち点以外に何が残るのか、
もちろん勝つという経験はモチベーションの上で非常に重要ですが、この人ならそう考えるんじゃないかと思います。
前回のW杯の華が消えて(海外に専念して)、FIFAランキングでも落とされて、国内組でいい感じの日本代表をほとんどチャレンジャー状態から作り上げるという意味で、時代の要請に合った監督なんじゃないでしょうか。

まあ、オシムジャパンは、長い目で見ろってことでしょう。
それでもコンフェデ杯には出てほしいんですけどね。

|

« 京都・大原 | トップページ | 男子ご出産の街頭インタビューに高橋名人が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/11766071

この記事へのトラックバック一覧です: 負けたら負けたで面白いオシムジャパン:

« 京都・大原 | トップページ | 男子ご出産の街頭インタビューに高橋名人が »