« 箱根・駒ケ岳 | トップページ | 「ヒゲ」は有効票 »

2006年11月 5日 (日)

いとよりの刺身

Itoyorizentaiい とよりは桜色をして体側に黄色い線が走る優美な魚です。
関西では鯛の代りに珍重されていたようですが、最近は関東でも出回るようになったようです。
ちなみに腹が黄色いのはソコイトヨリという別の魚で味は落ちるらしい。

身はやわらかいので振り塩でしめてから使うとのこと(旬マガさん参照)。
綺麗だとおろすのも楽しいもんです。
ただし、案の定と言うか、見た目のいい魚は案外内臓が臭いもので、まず処理だけは買ってきたら食べる食べないに関わらず即やっておかないといけないですね。
今回は良く見ると釣り針まで一緒に入ってましたw

Itoyoriさて皮霜作りの刺身にしました。
いやもうね、
キタ━━━(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*)━━━!!!
鯛系のちょっと粘るような旨み、
これは今まで食べた刺身の中でも十傑衆クラスかもしれない。

これに合うのは辛口の酒ですかね。もしくは甘口。これを熱燗か冷で。

|

« 箱根・駒ケ岳 | トップページ | 「ヒゲ」は有効票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/12566184

この記事へのトラックバック一覧です: いとよりの刺身:

« 箱根・駒ケ岳 | トップページ | 「ヒゲ」は有効票 »