« 盛岡商業2-1作陽 | トップページ | 「ひぐらしのなく頃に」のあのシーンのループデモ »

2007年1月12日 (金)

第二の接触

Dainino 宇宙軍弁護士ベッカー中佐は、航行中に二名の部下を射殺した艦長の弁護の命を受けた。艦長は「自分が殺したのは宇宙人であるため無罪だ」と主張する。
宇宙軍の中に異星人が混ざっているというのだ。
ベッカーは半信半疑のまま調査を始めるが、調査は難航し不可解な方向へと向かっていった。
そしていつの間にか彼は命を狙われる危機に陥っていた。
艦長は気がふれた殺人者なのか、それとも?

ということでノンストップサスペンスSFです。
しかしその前にタイトルでネタバレしてるんじゃないのかと。
というか、どう見てもX-FILEでした。本当に(r

さて、ベッカーの前に立ちはばかるの謎の組織は巨大すぎて直ぐに調査にいきずまるのですが、天才美人ハッカーがそのつど助けてくれます。

金に困れば大物人物の口座から何十万ドルも振り込ませたり(違法ですが)、
他人のアクセスコードを盗んで情報をかすめ取ったり(違法ですが)、
高級レストランの支払いを他人の口座から落としたり(違法ですが)、
「ちょっと待ってね、ほら(セキュリティが)解けた」。
さすがだな、ハッカー。

が、ハッカーが高スキルすぎて、主人公が危機を打開していくという感がなく、ストーリーの展開が全部彼女にお任せという感が強いです。

スピーディな展開が映画向きです。

|

« 盛岡商業2-1作陽 | トップページ | 「ひぐらしのなく頃に」のあのシーンのループデモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/13454182

この記事へのトラックバック一覧です: 第二の接触:

« 盛岡商業2-1作陽 | トップページ | 「ひぐらしのなく頃に」のあのシーンのループデモ »