« 後藤邑子の特攻服姿壁紙 | トップページ | 「DEAES」が「テストにでるっ!日本の歴史年表」の発売発表 »

2007年3月11日 (日)

うたわれるもの<感想>

ネタばれですみません。
この2週間、週末は全てがコレでした。

一言であらわすと昼間から酒が飲みたくなる作品ですかね。
とにかく酒を楽しむシーンがさりげなく随所に自然に入ってました。
これじゃあ確かに夕方6時台では放送できませんな。

あとは、
・月夜が綺麗、虫の音がいい
・緑(背景)が綺麗
・戦闘描写が生々しい(血が舞い肉が飛び散る
・とにかく昼間から酒盛り
あたり。

動きのシーンのコマを一時停止しながら進めて一つづつ見たりしましたが仕事が丁寧で」すね。
 09話、背後で屋奥が吹っ飛び、斬撃で敵兵の部位が巻き上がる→カルラ登場→
怪しく笑いながらアップ→敵小隊長(?)が叫びながら突進→
カルラが剣を振るう→真っ二つになった小隊長が飛んで転がる。
この流れがたまらない。

キャストも実力派揃いで気合入ってました。
みんなうまいんですが、特におぉッと思った演技を挙げるとすると富坂晶氏。
・24話、クーヤが源氏丸の死の前で「アァ、源氏…、アァ・・・」と嘆く所、
・その回の最後で「アァア」と呻く所、
・25話、幼児退行した後の幼児笑いの自然さ。
特に前二つは私にはリアルに来るものがあり鳥肌が立ちました。
 マジで凄いよあの演技。
後は09話、田中敦子氏でカルラが化け物呼ばわりされて「失礼ですわ」の後の掛け声。
玄人だな~と(この人は全般的に)感じました。
 どっちのシーンも10回ほど巻き戻し&再生してしまいました。

さて、ユズハは幸せだったのでしょうか。
クーヤはこの先救われるのでしょうか。
完全なハッピーエンドでもなく、後に余韻も残る良いラストでした。

|

« 後藤邑子の特攻服姿壁紙 | トップページ | 「DEAES」が「テストにでるっ!日本の歴史年表」の発売発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/14223592

この記事へのトラックバック一覧です: うたわれるもの<感想>:

« 後藤邑子の特攻服姿壁紙 | トップページ | 「DEAES」が「テストにでるっ!日本の歴史年表」の発売発表 »