« 2007年4月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年10月11日 (木)

焼岳登山2

中の湯方面から焼岳に登った後、上高地コースに進み下山を開始しました。

Ori_2Orini 頂上付近は斜面が急で岩がゴロゴロしてるので要注意。
そこから一度登りが出てきて焼岳展望台のある北側の稜線へと繋がっていきます。

降りるにしたがって雲がだんだん高くなっていくのが分かりました。

途中、展望台までの風景です。Oriruni
何かアルプスというよりロッキー山脈っぽいです。

焼岳小屋でしばし休憩。
ここは岩の陰にあるので見晴らしはゼロです。
小屋から先に進むと森林の中に入っていきます。
ここから先が長い。
途中、数箇所ほど急な階段の難所があります。 Kaidan
それだけなら良いのですが、→みたいのが。
これはちょっとイヤでした。
素人にはオススメできない。
と思ったら階段を過ぎて30分したころ、親子のパーティに
抜かれたので十分気をつければ子供でもOKということでしょう。
などと思いながらそのときは新食感が売りのパンをパクついていました。

Goal その後、崩壊した大きな沢(噴火したときの溶岩流の後?)が
右手に登場したり小さい沢を通ったりで下山を始めて3時間ちょっと、
12:59にやっとゴールの登山口です。

この後、上高地を歩いて河童橋に向かいました。Kappa
さすが北アルプスの有名どころ。
かなりの観光客でにぎわってました。
水は半端でなく澄んだエメラルドグリーンでした。

以上、中の湯(3.5時間)→頂上(3時間)→上高地と、
天気もよく予定通りに登山を楽しむことが出来ました。
自分で登ってみて、このコースがオススメです。
 理由は、頂上のコルに立って火口湖を見た後、北側の頂上に進むと穂高連峰が
目の前に広がる瞬間が気持ち良いのと、体力的にも頂上までの時間が
上高地コースに比べて短いので余裕を持って行動できます。

最後に、上高地からの帰りは早めに行動したほうが良いでしょう。
今回はバスターミナルに着いたのが3時前でしたが、それでもバスに凄い数の行列が出来てました。
自分たちも1.5時間ひたすら並んでいました。
でも話題になったTOYOTAのF1の超長蛇の列、あれに比べればマシかな。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

焼岳登山 1

いよいよ焼岳に登ります。
標高2455m、日本百名山。
朝4時半起床。
空はまだ真っ暗でした。
5時半位に空が急に明るくなり始めたので登山開始の準備を始めました。
旅館の朝飯は7時からですが、早朝から出かける人は前日の夜、おにぎりにしてもらえます。
焼岳までの地図のコピーをもらいました。

6時出発。
旅館の横から登山口があり、そこからスタート。運動自体が久々だったのでかなりきつい。
5分登って後悔しはじめました。
勾配がそこそこ急な森林の中をひたすら登っていきます。
Start
途中で一回休憩、1.5時間ほど登っていくと森林を抜けて焼岳の頂上まで視界が急に開けます。 
ここから先は気持ちが良い。

Atosukoshi
低い笹の斜面を登り森林限界を超えると Aki_2
下堀沢の傍の道に出ます。
空が秋でした。

Annbuさらに登ると緑がまばらになり岩の斜面に変わります。
比較的登りやすいので体力勝負です。
コルをさらに目指します。

そして鞍部に到着。 Anbuyori_2
半円弧のコルに立つと、そこから急に下ってその下に火口湖が。
その周りの絶壁の向こうに穂高が見えます。
上から見ると四方が崖で囲まれてます。
これはイイ。
ただし、鞍部の脇にガス噴出口があるので硫黄が臭います。
火口湖にテント貼るのは止めたほうがいいでしょう。

そのガス噴出口の横を通り小さなコルに着いたところでリュックを置き、北峰頂上の最後の急斜を登ります。

2399mの頂上です。 Choujou_2
絶景ですよ。
中央に穂高の山々、右下に上高地が広がります。
なんとなく雛見沢村に似てるなとか。

ちなみに、ここで凄いと思ったのが携帯のアンテナが3本立ってるということです。
「もしもし、今頂上」
ちゃんと通じます。
メールも送れます。Yokai
DOCOMO,AUは使える模様。
ピッチは圏外みたいでした。

妖怪汁で乾杯。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

新穂高ロープウェイ

久々の更新です。
10月の連休と言うことで知人と北アルプスに行ってきました。
目的は焼岳登山。
初日の土曜は移動。朝6時出発でしたが中央道は混みまくってました。
昼過ぎに今回お世話になる中の湯温泉旅館にチェックインした後、車で出発。
平湯温泉を抜けて奥飛騨温泉郷にある新穂高ロープウェイで頂上に直行。

下もそうでしたが、上も風が気持ちよい冷たさでした。  ChoujouPost
展望台には先月の9/21に設置された日本一高所のポスト、山びこポストがありました。
穂高連峰(たしか)が見えます。
紅葉にはまだ少し早いようですが眺めだけで満足。

Basutei 帰りに川沿いにスクールバスの停留所を見かけました。
広く続く川原、山々の向こうに北アルプスの連峰。
ここから毎朝通学してるんですよね。
最強のバス停じゃないですか・・・。

夜、旅館の部屋から眺めると上高地と外を分ける山の間に穂高の頂が見えました。Yoru
中央の右側が前穂でしょうか。
いや凄い良い眺めです。
星がまた恐ろしいほど満天で、今日涸沢にテント貼ってる人も同じ空見てるんだろうなと思うと感慨がありましたが、次の日に備えて夜は早めに寝ました。

来てよかった北アルプス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2008年2月 »