« 新穂高ロープウェイ | トップページ | 焼岳登山2 »

2007年10月10日 (水)

焼岳登山 1

いよいよ焼岳に登ります。
標高2455m、日本百名山。
朝4時半起床。
空はまだ真っ暗でした。
5時半位に空が急に明るくなり始めたので登山開始の準備を始めました。
旅館の朝飯は7時からですが、早朝から出かける人は前日の夜、おにぎりにしてもらえます。
焼岳までの地図のコピーをもらいました。

6時出発。
旅館の横から登山口があり、そこからスタート。運動自体が久々だったのでかなりきつい。
5分登って後悔しはじめました。
勾配がそこそこ急な森林の中をひたすら登っていきます。
Start
途中で一回休憩、1.5時間ほど登っていくと森林を抜けて焼岳の頂上まで視界が急に開けます。 
ここから先は気持ちが良い。

Atosukoshi
低い笹の斜面を登り森林限界を超えると Aki_2
下堀沢の傍の道に出ます。
空が秋でした。

Annbuさらに登ると緑がまばらになり岩の斜面に変わります。
比較的登りやすいので体力勝負です。
コルをさらに目指します。

そして鞍部に到着。 Anbuyori_2
半円弧のコルに立つと、そこから急に下ってその下に火口湖が。
その周りの絶壁の向こうに穂高が見えます。
上から見ると四方が崖で囲まれてます。
これはイイ。
ただし、鞍部の脇にガス噴出口があるので硫黄が臭います。
火口湖にテント貼るのは止めたほうがいいでしょう。

そのガス噴出口の横を通り小さなコルに着いたところでリュックを置き、北峰頂上の最後の急斜を登ります。

2399mの頂上です。 Choujou_2
絶景ですよ。
中央に穂高の山々、右下に上高地が広がります。
なんとなく雛見沢村に似てるなとか。

ちなみに、ここで凄いと思ったのが携帯のアンテナが3本立ってるということです。
「もしもし、今頂上」
ちゃんと通じます。
メールも送れます。Yokai
DOCOMO,AUは使える模様。
ピッチは圏外みたいでした。

妖怪汁で乾杯。 

|

« 新穂高ロープウェイ | トップページ | 焼岳登山2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108237/16716223

この記事へのトラックバック一覧です: 焼岳登山 1:

« 新穂高ロープウェイ | トップページ | 焼岳登山2 »